今年の忘年会は2回だけ🍻

今月上旬の某日、某球団関係者ご夫妻、某テレビ局の先輩と毎年恒例の忘年会を行いました。
時節柄、こういうネタをアップしたら顰蹙ものかな、と思ったんだけれど、少人数の〝マスク会食〟なのでご理解ください。

場所は赤坂の焼鳥屋さんで、カープファンやカープの関係者が集まることで有名なお店K。
いや、別に僕の趣味で選んだわけじゃないんですけどね。

アサヒのマルエフ生ビール、一度注ぎ(手前)、マイルド注ぎ(奥)

このアサヒのマルエフ生ビールは初めて飲みました。
注ぎ方が珍しければグラスもレア物で、一度注ぎのグラスは現在生産停止となっている貴重品だそうです。

獺祭の純米大吟醸生酒45

マルエフ生ビールを2杯、異なる飲み方で堪能したあとは、やはりこの店ご自慢の獺祭をチビチビ。
まあ、正直なところ、最初はチビチビでも、だんだんグビグビになっちゃいましたが。

馬刺5種盛り

この日のメーンディッシュだった地鶏のタタキは、あまりの美味しさに食べるのに夢中で写真撮影を失念。
画像の馬刺がまた絶品で、とくに上ハラミ(画像真ん中手前)は、口に含んだ途端、「ウマい!」と叫んでみんなに笑われてしまった。

それから1週間後の某月某日、今度は東大野球部OBで某広告代理店関係者Sさんと谷中のもんじゃ焼き屋さんYへ。
本当はもうひとり、某新聞社の友人も来る予定だったんだけど、時節柄の事情で欠席となったのは残念(彼が感染したわけではありません)。

週末にしては少ない人出
この選手も学生時代からの常連

この日は店のご主人Yさんのご厚意で、客はわれわれ2人だけという〝最少マスク会食〟の貸し切り状態。
ご主人を交えた3人で、いつものようにプロ野球をはじめ、Sさんにチケットの便宜を図ってもらった去年のラグビーW杯、来年に延期となった東京オリンピックの話題で盛り上がりました。

いや、盛り上がったと書いちゃまずいのか。
飛沫が飛び散らないように、小さな声で話し込みました、と訂正します。

お酒は広島産のレモン入りサワー
サワーが進む軟骨揚げ
定番の焼肉
お好み焼きはゲソ、紅生姜入りをチョイス
ご主人に作ってもらって出来上がり

さて、それからまた数日後のクリスマスイヴ、広島時代の小中高の同級生・大野くんからプレゼントが届きました。
大野くんは広島市のお好み村にある人気店〈大丸堂〉の2代目店主で、年末に帰省できないA先生のために広島風お好み焼きを送ってくれたのです。

お好み焼きが入っているにしては大きな箱だと思ったら…
映えはイマイチながら、味はさすが、伝統と安定の美味しさ

それにしても、パック詰めの「そば肉玉スペシャル」が12人前も入っているとは思わなかった!
LINEでお礼のメッセージを送ったら、「まあ、ボチボチ食べてよ」と大野くん。

全部食べ尽くせるのはやっぱり、どんなに努力しても年明けだろうなぁ。
子供のころから山と食べているお好み焼きを、このトシになってまたまた山と食べながら年を越すことになるとは、想像もしなかったよ。

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top