『スーパーマン&ロイス』シーズン1(15)「クリプトン最後の息子たち」(NHK総合)😉

Superman&Lois: #15 Last Sons of Krypton
43分 2021年 アメリカ=ワーナー・ブラザース・テレビジョン
NHK総合:初放送2022年7月17日23:00〜

前回の終了間際、スーパーマン/クラーク・ケント(タイラー・ヘックリン)の次男ジョーダン(アレックス・ガーフィン)が、エラディケーターと化したモーガン・エッジ/タル=ロー(アダム・レイナー)にさらわれた。
ジョーダンはタル=ローの父ゼータ=ロー(アラン・C・ピーターソン)に意識を乗っ取られてサブジェクトと化し、助けにやってきたスーパーマンと取っ組み合いを繰り広げる。

ここまでの展開は、大抵の視聴者ならある程度予想がついただろう。
大団円を盛り上げる布石を打つため、深刻な親子喧嘩になるのではないかと思いながら観ていたのだが、ここでスーパーマンの妻でジョーダンの母ロイス・レイン(エリザベス・トゥロック)が救出に乗り出してくる、というのは少々意外でした。

タル=ローとサブジェクト軍団6人(元国防軍の最優秀兵士)、スーパーマン&ジョン・ヘンリー・アイアンズ(ウォレ・パークス)の最終決戦の舞台はXクリプトナイトが埋蔵されているスモールヴィルの鉱山。
4カ月以上もこのドラマを観続けて、いよいよ手に汗握る(握れる)最後のシークェンスがやってきたこの時、僕は何故か小学生のころに観ていた最も古い『仮面ライダー』(1971〜73年、NET=現テレビ朝日)を思い出しました。

そう言えば、あの頃の仮面ライダーも、東京郊外の造成地みたいなところで、世界征服を企む悪の秘密結社ショッカーの怪人や戦闘員と戦っていたんだよなあ。
このスーパーマンとタル=ローも同じような場所で世界平和を守るために戦ってらあ、と。

などという感想を抱くのは、大昔の仮面ライダーにハマっていた日本のヘソ曲がりな高齢者だけでしょう。
全体的には大変楽しめるドラマだったし、エンディングもシーズン2に期待させる幕切れになっております。

オススメ度B。

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2022リスト
A=ぜひ!🤗 B=よかったら😉 C=気になったら🤨  D=ヒマだったら😑
※再見、及び旧サイトからの再録

73『スーパーマン&ロイス』シーズン1(14)「エラディケーター」(2021年/米)B
72『スーパーマン&ロイス』シーズン1(13)「非常手段」(2021年/米)B
71『眼の壁』(2022年/WOWOW)B
70『白蛇小町』(1958年/大映)B
69『妖怪大戦争』(1968年/大映)B
68『妖怪百物語』(1968年/大映)B
67『レミニセンス』(2021年/米)C
66『張込み』(1958年/松竹)B
65『トップガン』(1986年/米)B
64『ゼロの焦点』(1961年/松竹)C
63『ザ・商社』(1980年/NHK)B
62『黒い画集 あるサラリーマンの証言』(1960年/東宝)B
61『地球の静止する日』(1951年/米)C
60『ウエストワールド』(1973年 /米)B
59『スーパーマン&ロイス』シーズン1(12)「たとえ死の谷を歩むとも」(2021年/米)B
58『スーパーマン&ロイス』シーズン1(11)「つかの間の追憶」(2021年/米)A
57『天使と悪魔』(2009年/米)A
56『キングコングの逆襲』(1967年/東宝)B
55『キング・コング』(1933年 /米)A
54『スーパーマン&ロイス』シーズン1(10)「母との再会」(2021年/米)A
53『スーパーマン&ロイス』シーズン1(9)「忠実なサブジェクト」(2021年/米)A
52『TOKYO VICE』#8剣ヶ峰(2022年/WOWOW、HBO Max)C
51『TOKYO VICE』#7不義不徳(2022年/WOWOW、HBO Max)B
50『ライトハウス』(2019年/米)C
49『TOKYO VICE』#6虚々実々(2022年/WOWOW、HBO Max)B
48『TOKYO VICE』#5因果応報(2022年/WOWOW、HBO Max)B
47『スーパーマン&ロイス』シーズン1(8)「無力な自分」(2021年/米)B
46『スーパーマン&ロイス』シーズン1(7)「鋼鉄の男」(2021年/米)B
45『プロミシング・ヤング・ウーマン』(2020年/米)A
44『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』(2018年/米)B
43『クワイエット・プレイス』(2018年/米)A
42『TOKYO VICE』#4虎穴虎子(2022年/WOWOW、HBO Max)B
41『TOKYO VICE』#3精神一到(2022年/WOWOW、HBO Max)C
40『ドニー・ダーコ』(2001年/米)B
39『スーパーマン&ロイス』シーズン1(6)「パワーの代償」(2021年/米)B
38『スーパーマン&ロイス』シーズン1(5)「スモールビルの良心」(2021年/米)B
37『TOKYO VICE』#2起死回生(2022年/WOWOW、HBO Max)B
36『TOKYO VICE』#1新聞記者(2022年/WOWOW、HBO Max)B
35『ふたりのウルトラマン』(2022年/NHK)A
34『スーパーマン&ロイス』シーズン1(4)「波乱の幕開け」(2021年/米)B
33『スーパーマン&ロイス』シーズン1(3)「人気者であることの特権」(2021年/米)B
32『カムバック・トゥ・ハリウッド‼︎』(2020年/米)B
31『すばらしき世界』(2021年/ワーナー・ブラザース)A
30『私は確信する』(2018年/仏、白)C
29『透明人間』(2020年/米)A
28『アナザーラウンド』(2020年/丁、蘭、瑞)A
27『スーパーマン&ロイス』シーズン1(2)「引き継いだもの」(2021年/米)A
26『スーパーマン&ロイス』シーズン1(1)「パワーの目覚め」(2021年/米)A
25『日本女侠伝 侠客芸者』(1969年/東映)A
24『昭和残俠伝 血染の唐獅子』(1967年/東映)B
23『大コメ騒動』(2021年/ラビットハウス)C
22『王の願い ハングルの始まり』(2019年/韓)A
21『フラッシュ・ゴードン』(1980年/米)B
20『タイムマシン』(2002年/米)C
19『アンダーウォーター』(2020年/米)C
18『グリーンランド−地球最後の2日間−』(2020年/米)B
17『潔白』(2020年/韓)B
16『ズーム/見えない参加者』(2020年/英)C
15『アオラレ』(2020年/米)B
14『21ブリッジ』(2019年/米)B
13『ムニュランガボ』(2007年/盧、米)C
12『ミナリ』(2020年/米)A
11『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』(2021年/東宝映像事業部)C
10『死霊の罠』(1988年/ジョイパックフィルム)C
9『劇場版 奥様は、取扱注意』(2021年/東宝)C
8『VHSテープを巻き戻せ!』(2013年/米)A
7『キャノンフィルムズ爆走風雲録』(2014年/以)B
6『ある人質 生還までの398日』(2019年/丁、瑞、諾)A
5『1917 命をかけた伝令』(2020年/英、米)A
4『最後の決闘裁判』(2021年/英、米)B
3『そして誰もいなくなった』(2015年/英)A
2『食われる家族』(2020年/韓)C
1『藁にもすがる獣たち』(2020年/韓)B

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
先頭に戻る