『浅田家!』(WOWOW)🤗

127分 2020年 東宝

家族写真をテーマに活動を続けている写真家・浅田政志の写真集『浅田家』『アルバムのチカラ』をベースとした人間ドラマ。
子供のころから父親の影響でカメラいじりが好きになり、両親に写真の専門学校に進ませてもらった浅田政志(二宮和也)は、自分の家族を撮影した写真集で「写真界の芥川賞」と呼ばれる木村伊兵衛賞を受賞し、注文を受けては家族写真を撮影する特異な写真家となった。

浅田家の稼ぎ頭は看護師をしている母親・順子(風吹ジュン)で、父親・章(平田満)は主夫として家事を受け持っている。
その父親のかつての夢は消防士だったと聞いた政志は、兄・幸宏(妻夫木聡)に消防署で消防車と消防服を借りてほしいと頼み込み、家族全員が消防士の格好をした写真を撮ることに成功する。

この撮影の楽しさに味をしめた浅田家は、ラーメン屋、レーサー、極道など、家族が望む様々なコスプレをしては写真を撮り続け、政志と同棲していた幼馴染み・川上若奈(黒木華)が自腹を切ってギャラリーを借り、初の個展まで開催。
そこへやってきた小さな出版社・赤々舎の姫野希美社長(池谷のぶえ)に絶賛され、処女作品集『浅田家』を出版し、しばらくの間は売れないで腐っていたところ、木村伊兵衛賞を受賞して一躍写真家として認められる。

ここまでの展開は半分コメディードラマのようで、笑いながら観ているうちに上映時間の半分が過ぎてしまうが、一般市民から撮影の依頼を受けて家族写真を撮るようになるあたりから、ジワジワと深刻な雰囲気が画面を覆い始める。
脳腫瘍で余命いくばくもない息子との記念写真を望まれた政志が、シャッターを切ろうとして涙をこぼす場面が印象的だ。

そして、2011年3月11日、富山で個展が開かれた日、パーテーションがゆらゆらと揺れている最中、政志の元へ若奈から大きな地震が起こっている、と電話がかかってくる。
津波に覆われた被災地の映像をテレビで見た政志は、支援物資を車に積み、かつて撮影した高原家の家がある岩手県野津町へ向かったが、そこはすでに瓦礫の山と化していた。

茫然として町役場を訪ねた政志は、敷地の片隅でアルバムの写真を洗っている青年・小野(菅田将暉)の手伝いを始める。
泥にまみれた紙焼きを洗面器の水に浸け、丁寧に指で洗い落としている小野と政志の姿を観ているうち、僕自身、震災発生当時に被災地を取材していた時、同じような光景を目にしたことを思い出して、目に涙が滲んだ。

一度は「他人の写真を勝手に触るな! 目障りだから出ていけ!」と小野や政志に食ってかかった中年の男(北村有起哉)が、写真が野津小学校に展示されるようになると、ふたたびやってきて、探していた娘が見つかった、明日葬式なのに遺影にできる写真がない、と打ち明ける。
展示写真を見て回り、娘の写真を見つけられない男が途方に暮れている中、政志が娘さんの通っていた学校の卒アル(卒業アルバム)を探そうと発案。

こうして、男は卒アルに掲載された部活の集合写真の中に娘の顔を見つけ、「こんなに小さな…」と涙ながらにつぶやく。
このシーンは、本作の重要なテーマでもある一葉の写真が持つ存在意義を強烈に印象付け、僕自身がここ数年観た映画の中でも一際記憶に残る名場面だった。

政志がこういう酷薄な経験を積み重ね、家族写真を撮ることに新たな意味と見出したのち、映画はふたたび浅田家の面々が勢揃いしたところで締め括られる。
コロナ禍が落ち着き、久しぶりに実家へ帰省する人々には、ぜひ家族そろって本作を鑑賞することをお勧めしたい。

オススメ度A。

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2021リスト
A=ぜひ!🤗 B=よかったら😉 C=気になったら🤨  D=ヒマだ ったら😑
※再見、及び旧サイトからの再録

128『ザ・キング』(2017年/韓)A
127『光州5・18』(2007年/韓)C
126『シルミド SILMIDO』(2003年/韓)B
125『KCIA 南山の部長たち』(2020年/韓)B
124『3時10分、決断のとき』(2007年/米)B
123『アルビノ・アリゲーター』(1997年/米)C
122『悪い種子』(1956年/米)C
121『スターリンの葬送狂騒曲』(2017年/英、仏)C
120『ノマドランド』(2021年/米)A
119『復讐無頼 狼たちの荒野』(1968年/伊、西)B※
118『スペシャリスト』(1969年/伊、仏)C
117『父 パードレ・パドローネ』(1977年/伊)B※
116『ボルベール〈帰郷〉』(2006年/西)A
115『雨の訪問者』(1970年/伊、仏)A※
114『カサンドラ・クロス』(1976年/西独、伊、英)B※
113『イエスタデイ』(2019年/英、米)B
112『ペイン・アンド・グローリー』(2019年/西)A
111『バンクシーを盗んだ男』(2017年/英、伊)B
110『ザ・ヤクザ』(1974年/米)A
109『健さん』(2016年/レスぺ)B
108『ゴルゴ13』(1973年/東映)D
107『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(2015年/伊)B※
106『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』(2020年/米)A
105『真犯人』(2019年/韓)B
104『ダイヤルM』(1998年/米)B※
103『ダイヤルMを廻せ!』(1954年/米)A
102『私は告白する』(1953年/米)A
101『黄泉がえり』(2003年/東宝)B
100『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(1994年/米)B
99『ワンダーウーマン 1984』(2020年/米)B
98『博士と狂人』(2019年/英、愛、仏、氷)C
97『追悼のメロディ』(1976年/仏)A※
96『デ・パルマ』(2015年/米)B
95『ブルース・スプリングスティーン 闇に吠える街 30周年記念ライブ2009』(2009年/米)B
94『ブルース・スプリングスティーン ライブ・イン・バルセロナ』(2003年/米)A
93『ブルース・スプリングスティーン ライブ・イン・ニューオリンズ2006~ニューオリンズ・ジャズ・フェスティバル』(2006年/米)B
92『ウエスタン・スターズ』(2019年/米)B
91『水上のフライト』(2020年/KADOKAWA)C
90『太陽は動かない』(2021年/ワーナー・ブラザース)C
89『ファナティック ハリウッドの狂愛者』(2019年/米)C
88『ミッドウェイ』(2019年/米、中、香、加)B
87『意志の勝利』(1934年/独)A
86『美の祭典』(1938年/独)B
85『民族の祭典』(1938年/独)A
84『お名前はアドルフ?』(2018年/独)B
83『黒い司法 0%からの奇跡』(2019年/米)A
82『野球少女』(2019年/韓)B
81『タイ・カップ』(1994年/米)A※
80『ゲット・アウト』(2017年/米)B※
79『アス』(2019年/米)C
78『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』(2018年/米)C
77『キング・オブ・ポルノ』(2000年/米)B※
76『怒りの葡萄』(1940年/米)A
75『パブリック 図書館の奇跡』(2018年/米)A
74『バクラウ 地図から消された村』(2019年/伯、仏)B
73『そして父になる』(2013年/ギャガ)A※
72『誰も知らない』(2004年/シネカノン)A※
71『歩いても 歩いても』(2008年/シネカノン)
70『東京オリンピック』(1965年/東宝)B※
69『弱虫ペダル』(2020年/松竹)B
68『ピンポン』(2002年/アスミック・エース)B
67『犬神家の一族』(2006年/東宝)B
66『華麗なる一族』(2021年/WOWOW)B
65『メメント』(2000年/米)B
64『プレステージ』(2006年/米)B
63『シン・ゴジラ』(2016年/米)A※
62『GODZILLA ゴジラ』(2014年/米)B※

61『見知らぬ乗客』(1951年/米)B
60『断崖』(1941年/米)B
59『間違えられた男』(1956年/米)B
58『下女』(1960年/韓)C
57『事故物件 恐い間取り』(2020年/松竹)C
56『マーウェン』(2019年/米)C
55『かもめ』(2018年/米)B
54『トッツィー』(1982年/米)A※
53『ジュディ 虹の彼方に』(2019年/米)B
52『ザ・ウォーク』(2015年/米)A※
51『マン・オン・ワイヤー』(2008年/米)B※
50『フリーソロ』(2018年/米)A
49『名も無き世界のエンドロール』(2021年/エイベックス・ピクチャーズ)B
48『ばるぼら』(2020年/日、独、英)C
47『武士道無残』(1960年/松竹)※
46『白い巨塔』(1966年/大映)A
45『バンクーバーの朝日』(2014年/東宝)A※
44『ホームランが聞こえた夏』(2011年/韓)B※
43『だれもが愛しいチャンピオン』(2019年/西)B
42『ライド・ライク・ア・ガール』(2019年/豪)B
41『シービスケット』(2003年/米)A※
40『6才のボクが、大人になるまで。』(2014年/米)A※
39『さらば冬のかもめ』(1973年/米)A※
38『30年後の同窓会』(2017年/米)A
37『ランボー ラスト・ブラッド』(2019年/米)C
36『ランボー 最後の戦場』(2008年/米)B
35『バケモノの子』(2015年/東宝)B
34『記憶屋 あなたを忘れない』(2020年/松竹)C
33『水曜日が消えた』(2020年/日活)C
32『永遠の門 ゴッホが見た未来』(2018年/米、英、仏)B
31『ブラック・クランズマン』(2018年/米)A
30『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』(2019年/米)A
29『徳川いれずみ師 責め地獄』(1969年/東映)C
28『残酷・異常・虐待物語 元禄女系図』(1969年/東映)B
27『徳川女系図』(1968年/東映)C
26『狂った野獣』(1976年/東映)A
25『一度死んでみた』(2020年/松竹)B
24『ひとよ』(2019年/日活)C
23『パーフェクト・ワールド』(1993年/米)B
22『泣かないで』(1981年/米)C
21『追憶』(1973年/米)B
20『エベレスト 3D』(2015年/米、英、氷)B※
19『運命を分けたザイル』(2003年/英)A※
18『残された者 北の極地』(2018年/氷)C
17『トンネル 9000メートルの闘い』(2019年/諾)C
16『ザ・ワーズ 盗まれた人生』(2012年/米)A※
15『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』(2019年/仏、比)A
14『ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン6』(2018年/米)C
13『大時計』(1948年/米)B
12『汚名』(1946年/米)B
11『マザーレス・ブルックリン』(2019年/米)B
10『エジソンズ・ゲーム』(2017年/米)C
9『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019年/米)C
8『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017年/米)B
7『ジョン・ウィック』(2014年/米)C
6『容疑者、ホアキン・フェニックス』(2010年/米)C
5『宇宙戦争』(2005年/米)B※
4『宇宙戦争』(1953年/米)B※
3『宇宙戦争』(2019年/英)B
2『AI崩壊』(2020年/ワーナー・ブラザース)B
1『男はつらいよ お帰り 寅さん』(2019年/松竹)

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
先頭に戻る