沖縄はアツい!🌞💦

昨夜の地震で被災された方々に衷心よりお見舞い申し上げます。
都心にある拙宅も震度4並の揺れ方で、しかも最近ではかなり長かったから、正直なところ、肝を冷やしました。

一夜空けたきょうは午前11時50分発のJAL便で沖縄へ。
僕が窓側に座った席は3人並びで3席とも埋まっていましたが、CAさんの配慮で真ん中の席のお客さんだけ、後方の空いている席へ移ってもらうことになった。

そのお客さんが快く了承していたのも、このコロナ禍の時代ならではの気配りでしょうね。
コロナ禍が去っても(いつになるかわからないけど)、こういう慣習だけは残ってほしいと思う。

きょうは富士山がきれいに見えました
続いて南アルプスも

那覇空港に到着し、キャリーバッグを受け取ってロビーに出ると、ドアの真向かいで検温をやっていました。
その横には、「すぐにPCR検査を検査を受けられます」というボードを掲げた人が立っている。

改めて沖縄の感染防止対策の徹底ぶりを感じながら、ゆいレールでまずはきょうの宿泊先へ。
途中、最寄駅から見かけた巨人のキャンプ地・奥武山運動公園は、サブグラウンドに大きな水溜まりができており、聞いたところによると、きょうは外ではほとんど練習にならなかったらしい。

奥に見えるのが沖縄セルラースタジアム那覇

ホテルの最寄駅に着いたら、久しぶりに某スポーツ紙のT記者にバッタリ。
いまでは数少なくなった同世代の同業者で、今朝も彼の書いたキャンプリポートを楽しく読んだばかりとあり、しばし雑談して近況を聞かせてもらった。

ゆいレールでもやっとSuicaが使えるようになりました

なお、T記者によると、きょうは昨夜来の雨により、各球場で予定されていた練習試合は軒並み中止となったそうです。
ただ、僕が到着した時間にはカラリと晴れ上がり、最高気温は23℃に達して、ホテルまで歩いているうちに全身から汗がダラダラ💦

でも、これが沖縄なんですよね。
明日からも好天が続きますように。

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top