久々の神宮はここが変わった⚾️

グラウンドへ通じる一塁側通路

プロ野球の試合にお客さんが戻って、通常の記者席が使えるようになってから、初めて神宮球場へ取材に行ってきました。
ここの記者席はネット裏スタンドの真下にあり、コンコースの出入口から真っ直ぐ歩いて行くと、すぐグラウンドに出られる。

というのがいいところなんですが、もちろん、コロナ禍が続いているいまはそういうわけにはいかない。
グラウンドはもちろん、スタンドに行くのも厳禁で、記者席から窓越しに練習を見るしかありません。

記者席に入れるのはハマスタなどと同様、1社2人まで。
各社の間の椅子を間引きしてソーシャルディスタンスを保ち、これまではなかった扇風機を4~5台設置して換気を行っている。

それでなくても、この時期、ここの記者席は暑くて暑くてたまらず、個人的に立ちくらみを起こしたこともあるほどだったから、非常にありがたい。
また、コロナ禍とは関係ないけれど、モニターが6台も設置され、プレーの再生映像を簡単に見られるようになったのも助かる。

それやこれやで、原因がコロナ禍とはいえ、神宮の記者席が居心地と使い勝手がよくなったのは確か。
あとはグラウンドに出られるようになったら言うことはありませんね…って、こればっかりはしばらく無理だろうけど。

〈利久〉の醤油ラーメン750円🍜

ちょっと残念だったのは、神宮で一番のコスパを誇る名物、750円の生姜焼き丼を食べられなかったこと。
現在は観客が5000人までに制限されているためか、営業していない飲食店もあり、この生姜焼き丼を売っている左翼スタンド下の〈ワールドフーズ〉もシャッターが閉まっていたのです。

それなら、何かほかに美味しいものはないかと中堅よりも向こうに足を伸ばし、〈利久〉というラーメン屋を発見。
一番安い750円、生姜焼き丼と同じ値段の醤油ラーメンは味、ボリュームともにまずまず、というところだったかな。

DeNAが3点を追加した八回、口火を切った宮﨑の打席

1年ぶりに臨場感たっぷりの記者席で観戦したヤクルト-DeNA戦は8-3でDeNAが快勝。
これも久しぶりだった敷田球審の「卍」も間近に見られ、両チームの監督囲みにも参加でき、だんだん昨年までの感覚が戻ってきました。

と、そんなことを言ってたら、東京ドームでは巨人が阪神に勝ってマジック38が点灯。
やっと例年通りの取材モードが復活しつつあるんだから、もう少しペナントレースを楽しませてほしいものですが。

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top