東京スポーツGW特別号『赤ペン!!』257

東スポ『赤ペン‼︎』はプロ野球ファンの味方です!
緊急事態宣言が延長されようが、プロ野球の開幕が延期されようが、このコラムだけはずーっと続くのです!

まあ、つまんないからクビだ、と言われたらそれまでなんだけどね。
今回は毎年恒例、ゴールデンウイーク特別号への寄稿で、こどもの日と松井秀喜氏の思い出を振り返ってみました。

7年前の2013年、GWの5月5日の東京ドーム、松井氏が長嶋終身名誉監督とともに国民栄誉賞を授与されたセレモニーを覚えているファンも多いことでしょう。
前年に第2次内閣を発足させた安倍首相の人気取りイベントだったことはミエミエだったけどね。

それでも、日本のプロ野球史においては、大変大きなイベントとなったことも確か。
先に球界で国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄さん、王貞治・現ソフトバンク球団会長もお祝いに駆けつけました。

で、何を言いたいかというと…この先はきょう発売のGW特別号(1部350円)をお読みください!
私の実家(広島県竹原市)を含む一部地域は明日発売です!

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top