『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』(WOWOW)😉

Darkest Hour 126分 2017年 
イギリス、アメリカ=フォーカス・フィーチャーズ、ユニバーサル・ピクチャーズ 
日本公開:2018年 ビターズ・エンド、パルコ

どちらかと言えば犯罪者や変質者のイメージが強いゲイリー・オールドマンが、世界史に残る英国の名宰相ウィンストン・チャーチルを熱演した作品。
劇場公開当時、撮影前に毎回2時間かけて特殊メイクを施した辻一弘が、日本人として初めてアカデミー特殊メイクアップ&ヘアスタイリング賞を獲得したことでも話題になった。

ただし、映画としては面白いが、感心したり、心揺さぶられたりするところまではいかなかった。
チャーチルの人物像に新解釈を加えた評伝、ヒトラーとの対決の内幕を描いた社会派作品かと期待して観たら、もっと単純な見世物、つまりオールドマンのワンマンショーとして作られているからである。

本作のチャーチル=オールドマンは最初から最後まで、とにかくエネルギッシュによくしゃべる。
朝からスコッチ、昼はシャンパン、夜もワインを飲んでいるという明らかなアル中で、妻クレメンティーン(クリスティン・スコット・トーマス)に節煙すると約束した葉巻も一日に4本というヘビースモーカー。

普段は下品で横柄、激昂すると大変攻撃的になり、いつもヒステリックにわめき散らすため、周囲からは鼻つまみ者扱い。
第一次世界大戦では海軍大臣としてガリポリの戦いに大敗し、21000人以上の戦死者、52000人以上の戦傷者を出したことから、政界では敵も多かった。

そんなチャーチルのネガティヴな一側面を、オールドマンは最初のうち、極めて露悪的に演じている。
ところが、チャーチルが第二次世界大戦中、与野党の思惑から場つなぎ的な首相に祭り上げられるや、ナチス・ドイツに徹底抗戦を宣言。

様々な場面で何度もハイテンションで長ゼリフをまくし立て、最終的には邦題のサブタイトル「ヒトラーから世界を救った男」と化す。
という、文字通り映画みたいなサクセスストーリーに、演技派のオールドマンが大いに役者魂を掻き立てられたことはよく理解できる。

しかし、本作はチャーチル=オールドマンをカッコよく見せることに偏り過ぎていて、社会派作品としての見応え、人間ドラマとしてのコクに乏しい。
チャーチルを毛嫌いしていた国王ジョージ6世(ベン・メンデルソーン)が終盤にきて突然「私はきみを支持する」と言い出すあたり、史実通りだとしても映画の話術として布石が打たれていないため、いささか唐突に感じられた。

また、その国王に「国民の声を聞け」と勧められ、人生で2度目の地下鉄乗車を経験したチャーチルが、乗り合わせた乗客たちに熱烈なエールを送られ、彼らの名前をマッチブックの裏側に書きつける、というエピソードもいかにも嘘臭い。
と思ったら、このくだりはやはり、完全なフィクションだという。

秘書エリザベス・レイトン(リリー・ジェイムズ)をはじめ、政敵のハリファックス外務大臣(スティーヴ・ディレイン)、チェンバレン前首相(ロナルド・ピックアップ)ら、主要脇役の描き方もいかにも類型的。
誰も彼も単なるカウンターパートにとどまっており、チャーチル=オールドマンの引き立て役でしかない。

監督は『プライドと偏見』(2005年)のジョー・ライト、脚本は『博士と彼女のセオリー』(2014年)のアンソニー・マクカーテン、撮影は『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(2014年)のブリュノ・デルボノルと、スタッフはいまをときめく超一流ぞろい。
それでも、スター俳優のエゴが前面に押し出され、彼をカッコよく見せることが第一、という基本的な構造が透けて見えると、結局はこんなものかなー、ハリウッド映画のノリで作られてるし、という冷めた感慨も湧く。

オススメ度B。

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2020リスト
A=ぜひ!🤗 B=よかったら😉 C=気になったら😏  D=ヒマだ ったら😑
※ビデオソフト無し

17『天才作家の妻 40年目の真実』(2018年/瑞、英、米)B
16『デッドラインU.S.A』(1954年/米)B
15『海にかかる霧』(2014年/韓)A※
14『スノーピアサー』(2013年/韓、米、仏)A
13『前科者』(1939年/米)C
12『化石の森』(1936年/米)B
11『炎の人ゴッホ』(1956年/米)B※
10『チャンピオン』(1951年/米)B
11『前科者』(1939年/米)C
10『化石の森』(1936年/米)B
9『白熱』(1949年/米)A
8『犯罪王リコ』(1930年/米)B
7『ユリシーズ 』(1954年/伊)C
6『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(2017年/泰)B
5『七つの会議』(2019年/東宝)A
4『キャプテン・マーベル』(2019年/米)B
3『奥さまは魔女』(2005年/米)C
2『フロントランナー』(2018年/米)B
1『運び屋』(2018年/米)A

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top