東京スポーツ『赤ペン!!』227

とにかく苦労の多い野球人生を送るよう運命づけられている人物らしい。
広島の新監督に佐々岡投手コーチが就任すると聞いて、つくづくそう思った。

佐々岡は2015年から二軍投手コーチを務め、次々に若手投手を送り込んだおかげで一軍は16年から3連覇を達成。
しかし、その間、自分が受け持つ二軍には勝てる投手がいなくなり、チーム防御率がウエスタン・リーグ4〜5位をウロウロ。

今年、満を持して一軍のメーン投手コーチに昇格したら、かつて自分が手塩にかけて育て上げた若手投手が不調や故障で二軍に逆戻り。
そもそも、佐々岡さんは現役時代から、あの大野豊さんをも上回る辛酸を舐めてきた人ですから…。

ここから先はきょう発売の東スポ、大スポ、中京スポでお読みください!

※一部地域は翌日水曜発売。
※朝刊の九州スポーツも同日掲載(ただし紙面の都合上、水曜以降掲載となる場合もあります)。
※ネット転載は原則として翌日水曜日11時以降。

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top