東京スポーツ『赤ペン‼︎』216

プロ野球はきのうから後半戦に突入しました。
と言っても、すでに80試合以上消化していて、残りはもう60試合ちょっと。

しかも、セ・リーグは巨人、パ・リーグはソフトバンクが首位を独走中。
まだまだ諦めるほどのゲーム差でないとはいえ、追いかけているチームにとって非常に苦しいのは確か。

毎年のことだけれど、後半戦が面白くなるかどうかは、下位球団がどれだけ首位を食えるかにかかっている!
そこでA先生が注目しているのが、前半戦でセ・リーグタイ記録の16連敗を喫し、もっか最下位のヤクルト。

前半戦終了間際から上昇ムードに乗りつつある中、19歳の4番・村上とともに気を吐いているのが、ドラフト2位新人、「なかやまきんに君」こと中山翔太。
高校は履正社で山田哲の後輩、大学は法政でA先生の後輩でもあります(本人にとってはどうでもいい話だけど)。

後半戦はぜひこの中山を5番に固定して使ってもらいたい。
が、中山は外野手なので、青木だけは外せないから、バレンティンか雄平のどちらかがスタメンからあぶれてしまうことになる。

そのへん、小川監督や石井琢打撃コーチはどう考えているのか。
先日、神宮でじっくり聞いてきました。

ここから先はきょうの東スポ、大スポ、中京スポでお読みください!

※一部地域は翌日水曜発売。
※朝刊の九州スポーツも同日掲載(ただし紙面の都合上、水曜以降掲載となる場合もあります)。
※ネット転載は原則として翌日水曜日11時以降。

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top