新年の挨拶はめんどくさい

年賀状

 ご多分に漏れず、我が家でも実家でも年賀状の枚数は年々減少の一途を辿っている。
 父親はリタイヤしてからそれなりの年月が経つし、私の周囲ではSNSなどで新年の挨拶をする人が増えているし。

 ただ、そのぶん、元日にSNSで「おめでとうございます」とか「今年もよろしく」とか返信しなきゃならないことが増えてるんですよね。
 これって、かえって面倒臭くない?

 ちなみに、年賀状づくりは昔から好きなほう。
 裏面に使う写真を選ぶ作業は楽しく、宛名書きもパソコンで簡単に済ませられるから。

 毎年帰省しているにもかかわらず、実家にも必ず出しています(画像)。
 父親からも毎年届くので、これだけはいまさらやめられない。

 なお、今年は三が日が明けてからも帰京せず、しばらく出張生活に入る予定。
 そのため、こちらから年賀状を出さず、自宅に送られた方に対しては、10日頃までお礼状を出すことができません。

 決してサボっているわけではないのでご理解ください。
 あっ、そういう人にはSNSで礼状を送ればいいのか。

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top