WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』141

WEDGE Infinity

 今年も新人がプロの門戸をたたき、スターが巨額の報酬を得て球団の間をFA移籍する一方、多くの選手が弾き出されるようにしてユニフォームを脱いだ。

 とくに、原辰徳監督が3度目の復帰を果たした巨人で〝血の入れ替え〟が目立つ。

 その中で私の印象に残ったのが、かつて短い間ながらも巨人で活躍し、熱烈で根強いファンの支持を得た矢野謙次、脇谷亮太、寺内崇幸の引退である。

 (以上、本文より)

 この続きはコチラ、及び右側タイトルメニューのバナーからアクセスしてお読みください。

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top