『三度目の殺人』(WOWOW)

 いったい、役所広司演じる被告人は人殺しをしたのか、していなかったのか。
 最後まで真相が明らかにされずに終わってしまうため、マスコミやファンの間で賛否両論が巻き起こった作品。

 ぼくとしては、たとえ事件の全容が解明されなくとも、韓国映画『殺人の追憶』(2003年)のように、謎のままであるからこそ面白い、という作品になっていればいいと思う。
 その意味で、本作は前半が成功作、後半が失敗作と言えよう(ということは要するに失敗作なのだが)。

 映画の冒頭には、多摩川の河川敷で役所が殺人を犯す場面がはっきりと示される。
 被害者の背後から後頭部を鈍器のような硬い凶器(のちに裁判でスパナと判明)で何度も殴打し、絶命したことを確認してガソリンをかけ、死体を焼却。

 ここから場面は捜査、逮捕、初公判をすっ飛ばし、拘置所の役所に弁護士の福山雅治が初めて接見する場面へワープ。
 当初、役所は強盗殺人を認めていたが、週刊誌の取材に答えて被害者の妻・斉藤由貴にカネで頼まれたと証言を翻し、あげく「私は殺していません、河川敷にも言ってないんです」と犯行を全面的に否認するようになる。

 いったい役所は何を考えているのか、面会するたびに詰め寄る福山との二人芝居がこの映画の最大の見どころ。
 郷里がどちらも北海道で、役所がひとり娘と生き別れ、離婚調停中の福山にも素行不良の娘がいる、という共通点が明らかになるくだりはサスペンスフルで興味をそそる。

 そこへ、被害者の一人娘・広瀬すずが、殺された父親から性的虐待を受けていたことを告白。
 つまり、被告、弁護人、被害者の全員が中年から初老の男性で、いずれも家庭が崩壊し、しかもひとり娘がいる(いた)、という点まで一緒なのだ。

 こういう現実にはあり得ない作為だらけのシナリオであれば、やはりフィクションとして首尾結構させるオチがないと、見ている側には欲求不満が残る。
 役所の娘は登場せず、福山の娘も前半にチラリと出てくるだけで、広瀬の告白の真相も明らかにしていないのは、映画としてあまりに不親切ではないか。

 また、前半で役所に超能力があるかのような描写が出てきたり、福山が役所や広瀬と北海道の雪原で戯れているところを夢想したり、唐突で不自然なシーンが思わせ振りに挿入されていることも興を削いだ。
 原案・脚本・監督・編集と1人4役の名匠・是枝裕和、今回は独りよがりが過ぎたようである。

 オススメ度C。

(2017年 東宝、ギャガ 125分)

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2018リスト
※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

92『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』(2011年/米)B
91『エイリアン:コヴェナント』(2017年/米)B
90『プロメテウス』(2012年/米)B
89『アンドロメダ… 』(1971年/米)A
88『亡霊怪猫屋敷』(1958年/新東宝)B
87『怪談かさねが渕 』(1957年/新東宝)B
86『一寸法師』(1955年/新東宝)C
85『黒蜥蜴』(1962年/大映)B
84『江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者』(1976年/日活)D
83『狼やくざ 葬いは俺が出す』(1972年/東映)B
82『博徒七人』(1966年/東映)A
81『泥棒成金』(1955年/米)A
80『スペース カウボーイ』(2000年/米)C
79『ソイレント・グリーン』(1973年/米)B
78『狼は天使の匂い』(1972年/仏)B
77『さらば友よ』(1968年/仏、伊)B
76『傷だらけの栄光』(1956年/米)A
75『ハンズ・オブ・ストーン』(2016年/米、巴)B
74『ダンケルク』(2017年/英、米、仏、蘭)B
73『墨攻』(2006年/中、日、香、韓) A
72『関ヶ原』(2017年/東宝)
71『後妻業の女』(2016年/東宝)B
70『ショートウェーブ』(2016年/米)D
69『Uターン』(1997年/米)B
68『ミラーズ・クロッシング』(1990年/米)C
67『シザーハンズ』(1990年/米)A
66『グーニーズ』(1985年/米)B
65『ワンダーウーマン』(2017年/米)B
64『ハクソー・リッジ』(2016年/米)A
63『リリーのすべて』(2016年/米)A
62『永い言い訳』(2016年/アスミック・エース)A
61『強盗放火殺人囚』(1975年/東映)C
60『暴動島根刑務所』(1975年/東映)B
59『脱獄広島殺人囚』(1974年/東映)A
58『893愚連隊』(1966年/東映)B
57『妖術武芸帳』(1969年/TBS、東映)B
56『猿の惑星』(1968年/米)A
55『アンドロメダ・ストレイン』(2008年/米)C
54『ヘイル、シーザー!』(2016年/米)B
53『パトリオット・デイ』(2016年/米)A
52『北陸代理戦争』(1977年/東映)A
51『博奕打ち外伝』(1972年/東映)B
50『玄海遊侠伝 破れかぶれ』(1970年/大映)B
49『暴力金脈』(1975年/東映)B
48『資金源強奪』(1975年/東映)B
47『ドライヴ』(2011年/米)C
46『バーニング・オーシャン』(2016年/米)A
45『追憶の森』(2015年/米)B
44『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(2017年/ワーナー・ブラザース)B
43『パットン大戦車軍団』(1970年/米)B
42『レッズ』(1981年/米)B
41『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』(2016年/米)B
40『エクス・マキナ』(2015年/米)B
39『オール・アバウト・マイ・マザー』(1999年/西)B
38『ムーンライト』(2016年/米)B
37『アメリカン・バーニング』(2017年/米)B
36『セル』(2017年/米)C
35『トンネル 闇に鎖された男』(2017年/韓)B
34『弁護人』(2013年/韓国)A
33『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年/クロックワークス)A
32『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(2017年/東宝)B
31『南極料理人』(2009年/東京テアトル)B
30『沈黙 -サイレンス-』(2016年/米)B
29『メッセージ』(2016年/米)B
28『LOGAN/ローガン』(2017年/米)C
27『チャック~“ロッキー”になった男~』(2017年/アメリカ)B
26『ヒッチコック/トリュフォー』(2015年/米、仏)B
25『沖縄やくざ戦争』(1976年/東映)B
24『恐喝こそわが人生』(1968年/松竹)B
23『われに撃つ用意あり』(1990年/松竹)C
22『T2 トレインスポッティング』(2017年/英)A
21『ロスト・エモーション』(2016年/米)C
20『激流』(1994年/米)C
19『チザム』(1970年/米)B
18『駅馬車』(1939年/米)A
17『明日に処刑を…』(1972年/米)A
16『グラン・ブルー[オリジナル・バージョン]』(1988年/仏、伊)B
15『エルストリー1976- 新たなる希望が生まれた街 -』(2015年/英)D
14『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』(2015年/西)B
13『サム・ペキンパー 情熱と美学』(2005年/独)B
12『ビリー・ザ・キッド 21才の生涯』(1973年/米)B
11『わらの犬』(1971年/米)A
10『O嬢の物語』(1975年/仏、加、独)C
9『ネオン・デーモン』(2016年/仏、丁、米)D
8『団地』(2016年/キノフィルムズ)B
7『スティーブ・ジョブズ』(2015年/米)B
6『スノーデン』(2016年/米)A
5『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年/米)B
4『ドクター・ストレンジ』(2016年/米)B
3『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』(1967年/台、香)B
2『新宿インシデント』(2009年/香、日)B
1『日の名残り』(1993年/英、米)A

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top