『ウルトラマン』第30話「まぼろしの雪山」ハイビジョンリマスター版(NHK総合)😉

26分 2022年6月19日午前2:00~
制作:TBS、円谷プロダクション 初放送:1967年2月5日

初代『ウルトラマン』の脚本家、金城哲夫、上原正三の青春を描いた傑作ドキュメンタリードラマ『ふたりのウルトラマン』の地上波初放送に合わせてオンエアされたハイビジョンリマスター版の2本目。
沖縄出身の金城が舞台を南の海ではなく雪山に移し替え、子供に対する差別と迫害というテーマを描いた力作である。

飯田山という雪山の麓の村で暮らすみなしごの娘ゆき(富永幸子)が村人や子供にいじめられ、「ウー!  ウーよぉー!」と叫ぶと怪獣ウーが現れる。
ゆきはもともと里子で継母に引き取られたよそ者の娘で、継母が雪山で迷って凍死したのに、ゆきだけが助かったことから、「雪女の娘」「雪ん子」と呼ばれて迫害されていた。

調査にやってきた科学特捜隊のハヤタ(黒部進)、アラシ(石井伊吉)、イデ(二瓶正也)は、ゆきの身の上には同情しながらも、スキー場で暴れ回るウーには攻撃を加えざるを得ない。
ハヤタはウルトラマンに変身してウーと格闘するが、その最中にウーは忽然と姿を消し、ウルトラマンは例によって空へ飛び立っていく。

その直後、カットが変わって雪の中で行き倒れになっているゆきの姿が映る。
しかし、ハヤタ、アラシ、イデはゆきの安否を一顧だにせず、ヴィートルの操縦席で「きっとどこかで元気に生きているだろう」などと楽観的なセリフを吐き、飯田山から去って行った。

温かみも人間味もまるで感じさせないこのエンディングは、金城が皮肉として意図したのか、それとも子供向け番組だからこういう終わり方でいいだろう、というTBSサイドの意思だったのか。
ゆきを演じた富永の熱演が光るだけに、こういう拭い難い違和感が残ることが、いま観直しても大変惜しまれる。

オススメ度B。

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2022リスト
A=ぜひ!🤗 B=よかったら😉 C=気になったら🤨  D=ヒマだったら😑
※再見、及び旧サイトからの再録

80『ウルトラマン』第1話「ウルトラ作戦第一号」ハイビジョンリマスター版(1967年/TBS、NHK)B
79『顔』(1957年/松竹)C
78『砂の器』(1974年/松竹)B
77『オールド』(2021年/米)B
76『マスカレード・ナイト』(2021年/東宝)B
75『そして、バトンは渡された』(2021年/ワーナー・ブラザース)B
74『スーパーマン&ロイス』シーズン1(15)「クリプトン最後の息子たち」(2021年/米)B
73『スーパーマン&ロイス』シーズン1(14)「エラディケーター」(2021年/米)B
72『スーパーマン&ロイス』シーズン1(13)「非常手段」(2021年/米)B
71『眼の壁』(2022年/WOWOW)B
70『白蛇小町』(1958年/大映)B
69『妖怪大戦争』(1968年/大映)B
68『妖怪百物語』(1968年/大映)B
67『レミニセンス』(2021年/米)C
66『張込み』(1958年/松竹)B
65『トップガン』(1986年/米)B
64『ゼロの焦点』(1961年/松竹)C
63『ザ・商社』(1980年/NHK)B
62『黒い画集 あるサラリーマンの証言』(1960年/東宝)B
61『地球の静止する日』(1951年/米)C
60『ウエストワールド』(1973年 /米)B
59『スーパーマン&ロイス』シーズン1(12)「たとえ死の谷を歩むとも」(2021年/米)B
58『スーパーマン&ロイス』シーズン1(11)「つかの間の追憶」(2021年/米)A
57『天使と悪魔』(2009年/米)A
56『キングコングの逆襲』(1967年/東宝)B
55『キング・コング』(1933年 /米)A
54『スーパーマン&ロイス』シーズン1(10)「母との再会」(2021年/米)A
53『スーパーマン&ロイス』シーズン1(9)「忠実なサブジェクト」(2021年/米)A
52『TOKYO VICE』#8剣ヶ峰(2022年/WOWOW、HBO Max)C
51『TOKYO VICE』#7不義不徳(2022年/WOWOW、HBO Max)B
50『ライトハウス』(2019年/米)C
49『TOKYO VICE』#6虚々実々(2022年/WOWOW、HBO Max)B
48『TOKYO VICE』#5因果応報(2022年/WOWOW、HBO Max)B
47『スーパーマン&ロイス』シーズン1(8)「無力な自分」(2021年/米)B
46『スーパーマン&ロイス』シーズン1(7)「鋼鉄の男」(2021年/米)B
45『プロミシング・ヤング・ウーマン』(2020年/米)A
44『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』(2018年/米)B
43『クワイエット・プレイス』(2018年/米)A
42『TOKYO VICE』#4虎穴虎子(2022年/WOWOW、HBO Max)B
41『TOKYO VICE』#3精神一到(2022年/WOWOW、HBO Max)C
40『ドニー・ダーコ』(2001年/米)B
39『スーパーマン&ロイス』シーズン1(6)「パワーの代償」(2021年/米)B
38『スーパーマン&ロイス』シーズン1(5)「スモールビルの良心」(2021年/米)B
37『TOKYO VICE』#2起死回生(2022年/WOWOW、HBO Max)B
36『TOKYO VICE』#1新聞記者(2022年/WOWOW、HBO Max)B
35『ふたりのウルトラマン』(2022年/NHK)A
34『スーパーマン&ロイス』シーズン1(4)「波乱の幕開け」(2021年/米)B
33『スーパーマン&ロイス』シーズン1(3)「人気者であることの特権」(2021年/米)B
32『カムバック・トゥ・ハリウッド‼︎』(2020年/米)B
31『すばらしき世界』(2021年/ワーナー・ブラザース)A
30『私は確信する』(2018年/仏、白)C
29『透明人間』(2020年/米)A
28『アナザーラウンド』(2020年/丁、蘭、瑞)A
27『スーパーマン&ロイス』シーズン1(2)「引き継いだもの」(2021年/米)A
26『スーパーマン&ロイス』シーズン1(1)「パワーの目覚め」(2021年/米)A
25『日本女侠伝 侠客芸者』(1969年/東映)A
24『昭和残俠伝 血染の唐獅子』(1967年/東映)B
23『大コメ騒動』(2021年/ラビットハウス)C
22『王の願い ハングルの始まり』(2019年/韓)A
21『フラッシュ・ゴードン』(1980年/米)B
20『タイムマシン』(2002年/米)C
19『アンダーウォーター』(2020年/米)C
18『グリーンランド−地球最後の2日間−』(2020年/米)B
17『潔白』(2020年/韓)B
16『ズーム/見えない参加者』(2020年/英)C
15『アオラレ』(2020年/米)B
14『21ブリッジ』(2019年/米)B
13『ムニュランガボ』(2007年/盧、米)C
12『ミナリ』(2020年/米)A
11『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』(2021年/東宝映像事業部)C
10『死霊の罠』(1988年/ジョイパックフィルム)C
9『劇場版 奥様は、取扱注意』(2021年/東宝)C
8『VHSテープを巻き戻せ!』(2013年/米)A
7『キャノンフィルムズ爆走風雲録』(2014年/以)B
6『ある人質 生還までの398日』(2019年/丁、瑞、諾)A
5『1917 命をかけた伝令』(2020年/英、米)A
4『最後の決闘裁判』(2021年/英、米)B
3『そして誰もいなくなった』(2015年/英)A
2『食われる家族』(2020年/韓)C
1『藁にもすがる獣たち』(2020年/韓)B

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
先頭に戻る