『ブルース・スプリングスティーン ライブ・イン・ニューオリンズ2006~ニューオリンズ・ジャズ・フェスティバル』(WOWOW)😉

Bruce Springsteen / New Orleans Jazz and Heritage Festival, Fair Grounds Race Course,New Orleans, LA, April 30, 2006
120分 2006年 アメリカ

ブルース・スプリングスティーンのニューアルバムの映画化作品『ウエスタン・スターズ』(2019年)の初放送に合わせ、初めてオンエアされた2006年のライヴ映像。
ボスにしては珍しく、ジャズの本場ニューオリンズの競馬場を使ったライブで、ロックではなくアメリカン・フォークの名曲の数々を歌っている。

スプリングスティーンはEストリート・バンドを一時解散し、ソロ活動で新たな表現方法を模索していた1988〜1999年の10年間、アメリカン・フォークやカントリー&ウエスタンの手法を積極的に取り入れるようになった。
このライブが行われた2006年には、アメリカン・フォークの大御所、ピート・シーガーが歌っていたナンバーに独自に解釈を施したカバーアルバム『ウィ・シャル・オーヴァーカム:ザ・シーガー・セッションズ』を発表。

そのアルバムのキャンペーンの一環でもあったこのライブでは、スプリングスティーン本来のロックンロールとは打って変わったクラシカルでノスタルジックなパフォーマンスが中心。
バックを務めるシーガー・セッション・バンドは、アコーディオン、フィドル、バンジョー、スティール・ギター、サックスのホーン・セクションも交えたアコースティックな編成で、明るさと切なさ、喜びと哀しみが綯い交ぜになった演奏とムードが素晴らしい。

ただし、ステージトークには字幕が付くのに、肝心の歌には字幕がない、というのは、何らかの制約があるためかもしれないが、あまりにも不親切と言わざるを得ない。
こういうライブでは、スプリングスティーンが歌っていることの意味が、観ながらにしてわからないと、英語圏以外の視聴者にとっては意味が半減してしまう。

ちなみに、ピート・シーガーはアメリカ音楽界における伝説的存在で、共産党への入党と離党、ベトナム反戦運動など、政治的活動でも知られており、ボブ・ディランにも大きな影響を与えた。
スプリングスティーンはデビュー当初、レコード会社に〝ディラン2世〟として売り出されることを嫌っていたはずだが、これも時代の流れか。

オススメ度B。

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2021リスト
A=ぜひ!🤗 B=よかったら😉 C=気になったら🤨  D=ヒマだ ったら😑
※再見、及び旧サイトからの再録

94『ウエスタン・スターズ』(2019年/米)B
93『水上のフライト』(2020年/KADOKAWA)C
92『太陽は動かない』(2021年/ワーナー・ブラザース)C
91『ファナティック ハリウッドの狂愛者』(2019年/米)C
90『ミッドウェイ』(2019年/米、中、香、加)B
89『意志の勝利』(1934年/独)A
88『美の祭典』(1938年/独)B
87『民族の祭典』(1938年/独)A
86『お名前はアドルフ?』(2018年/独)B
85『黒い司法 0%からの奇跡』(2019年/米)A
84『野球少女』(2019年/韓)B
83『タイ・カップ』(1994年/米)A※
82『ゲット・アウト』(2017年/米)B※
81『アス』(2019年/米)C
80『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』(2018年/米)C
79『キング・オブ・ポルノ』(2000年/米)B※
78『怒りの葡萄』(1940年/米)A
77『パブリック 図書館の奇跡』(2018年/米)A
76『バクラウ 地図から消された村』(2019年/伯、仏)B
75『そして父になる』(2013年/ギャガ)A※
74『誰も知らない』(2004年/シネカノン)A※
73『歩いても 歩いても』(2008年/シネカノン)
72『東京オリンピック』(1965年/東宝)B※
71『弱虫ペダル』(2020年/松竹)B
70『ピンポン』(2002年/アスミック・エース)B
69『犬神家の一族』(2006年/東宝)B
68『華麗なる一族』(2021年/WOWOW)B
67『日の名残り』(1993年/英、米)A※
66『メメント』(2000年/米)B
65『プレステージ』(2006年/米)B
64『シン・ゴジラ』(2016年/米)A※
63『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年/米)B※
62『GODZILLA ゴジラ』(2014年/米)B※

61『見知らぬ乗客』(1951年/米)B
60『断崖』(1941年/米)B
59『間違えられた男』(1956年/米)B
58『下女』(1960年/韓)C
57『事故物件 恐い間取り』(2020年/松竹)C
56『マーウェン』(2019年/米)C
55『かもめ』(2018年/米)B
54『トッツィー』(1982年/米)A※
53『ジュディ 虹の彼方に』(2019年/米)B
52『ザ・ウォーク』(2015年/米)A※
51『マン・オン・ワイヤー』(2008年/米)B※
50『フリーソロ』(2018年/米)A
49『名も無き世界のエンドロール』(2021年/エイベックス・ピクチャーズ)B
48『ばるぼら』(2020年/日、独、英)C
47『武士道無残』(1960年/松竹)※
46『白い巨塔』(1966年/大映)A
45『バンクーバーの朝日』(2014年/東宝)A※
44『ホームランが聞こえた夏』(2011年/韓)B※
43『だれもが愛しいチャンピオン』(2019年/西)B
42『ライド・ライク・ア・ガール』(2019年/豪)B
41『シービスケット』(2003年/米)A※
40『6才のボクが、大人になるまで。』(2014年/米)A※
39『さらば冬のかもめ』(1973年/米)A※
38『30年後の同窓会』(2017年/米)A
37『ランボー ラスト・ブラッド』(2019年/米)C
36『ランボー 最後の戦場』(2008年/米)B
35『バケモノの子』(2015年/東宝)B
34『記憶屋 あなたを忘れない』(2020年/松竹)C
33『水曜日が消えた』(2020年/日活)C
32『永遠の門 ゴッホが見た未来』(2018年/米、英、仏)B
31『ブラック・クランズマン』(2018年/米)A
30『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』(2019年/米)A
29『徳川いれずみ師 責め地獄』(1969年/東映)C
28『残酷・異常・虐待物語 元禄女系図』(1969年/東映)B
27『徳川女系図』(1968年/東映)C
26『狂った野獣』(1976年/東映)A
25『一度死んでみた』(2020年/松竹)B
24『ひとよ』(2019年/日活)C
23『パーフェクト・ワールド』(1993年/米)B
22『泣かないで』(1981年/米)C
21『追憶』(1973年/米)B
20『エベレスト 3D』(2015年/米、英、氷)B※
19『運命を分けたザイル』(2003年/英)A※
18『残された者 北の極地』(2018年/氷)C
17『トンネル 9000メートルの闘い』(2019年/諾)C
16『ザ・ワーズ 盗まれた人生』(2012年/米)A※
15『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』(2019年/仏、比)A
14『ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン6』(2018年/米)C
13『大時計』(1948年/米)B
12『汚名』(1946年/米)B
11『マザーレス・ブルックリン』(2019年/米)B
10『エジソンズ・ゲーム』(2017年/米)C
9『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019年/米)C
8『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017年/米)B
7『ジョン・ウィック』(2014年/米)C
6『容疑者、ホアキン・フェニックス』(2010年/米)C
5『宇宙戦争』(2005年/米)B
4『宇宙戦争』(1953年/米)B
3『宇宙戦争』(2019年/英)B
2『AI崩壊』(2020年/ワーナー・ブラザース)B
1『男はつらいよ お帰り 寅さん』(2019年/松竹)C

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top