【きょう5日発売!】東京スポーツ『赤ペン!!』336

瀬戸大也と萩野公介がメダルを取ったら、ひょっとすると、大谷翔平が祝福のコメントを寄せるのではないだろうか。

ふたりの今大会最後のレース、水泳男子200メートル個人メドレーを見て、ふとそんな勝手な想像がよぎった。
結果は瀬戸が4位、萩野が6位に終わったものの、大谷が彼らにプライベートで労いのメッセージを送っていたとしても不思議はないだろう、と。

よく知られているように、瀬戸と萩野はともに1994年生まれの同い年。
小学生時代から切磋琢磨し合ってきた仲で、2016年リオ五輪ではともに400メートル個人メドレーに出場し、萩野が金、瀬戸が銅を獲得した。

しかし、その後は萩野が原因不明のスランプで長期休養に突入。
瀬戸は女性スキャンダルが発覚して大きな批判を浴び、スポンサー企業にも契約を打ち切られている。

ともにそうした逆境を潜り抜けて、最後の決勝レースに出場。
メダルには手が届かなかったが、ふたり並んでインタビューに応え、「幸せ」「うれしかった」と口をそろえた。

大谷は、そんな瀬戸、萩野と同い年のいわゆる「94年組」である。
この世代はフィギュアの羽生結弦をはじめ逸材が多く、一昨年のコロナ前まではよく食事会も開いていた。

そうした付き合いを通して、大谷と瀬戸、萩野は互いに刺激し合い、影響を与え合っているらしい。
この続きはきょうの東スポ、大スポ、中京スポ、明日朝の九スポで御一読ください!

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top