『誰も知らない』(WOWOW)🤗

141分 2004年 シネカノン

1988年、実際に起こった「巣鴨子供置き去り事件」をモデルに、母親に見捨てられた4人のきょうだいが生き抜く姿を描いた都会の叙事詩的作品。
監督・脚本を手がけた是枝裕和が数々の映画賞を獲得し、主人公の長男を演じた柳楽優弥が日本人初、及び最年少でカンヌ国際映画祭の主演男優賞を受賞したことでも話題になった。

きょうだい4人が新しいアパートに引っ越してきた矢先、母親が新しい男をつくって行方をくらましてしまう。
母親は子供たちのことをまったく忘れているわけではなく、時々は現金書留を寄越し、長男・明(柳楽)への短いメッセージも同封している。

しかし、その送金も次第に途絶えがちになり、やがて電気、ガス、水道とライフラインも次々に断たれ、きょうだいは生活の危機に直面。
最初のうちこそ流行の服を着て、それなりに小ぎれいにしていた子供たちが、だんだん身だしなみにかまわなくなり、見た目にも薄汚れてゆく様子が丁寧に描写されていて、何とも言えない恐怖感を強める。

ただし、巻頭のテロップにもあるように、必ずしも事件を正確に再現しているわけではなく、柳楽が扮した長男も、真面目で正義感の強い性格が強調されており、このキャラクター設定も現実とはかなり異なっているらしい。
また、家賃をもらっていない大家が督促に来るのが一度だけ、というあたりはいささか首をひねりたくなる。

とはいえ、親に捨てられた子供たちが、呆然としながらも手探りで生きていこうとする姿はこちらの目を惹きつけないではおかない。
ついに取り返しのつかない事態に陥りながら、残された明たちが病院や警察に連絡することすら考えつかず、何の解決策も示されないエンディングも独特の余韻を残す。

大変絶望的な作品であるにもかかわらず、独特の詩情を感じさせ、後味が悪くないのも特筆していい。
観終わってからも長く記憶に残り続けるという意味では、是枝作品の中でも一、二を争う出来栄えである。

お勧め度はA。 

旧サイト:2017年01月5日(木)Pick-up記事を再録、修正

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2021リスト
A=ぜひ!🤗 B=よかったら😉 C=気になったら🤨  D=ヒマだ ったら😑
※再見、及び旧サイトからの再録

71『歩いても 歩いても』(2008年/シネカノン)
70『東京オリンピック』(1965年/東宝)B※
69『弱虫ペダル』(2020年/松竹)B
68『ピンポン』(2002年/アスミック・エース)B
67『犬神家の一族』(2006年/東宝)B
66『華麗なる一族』(2021年/WOWOW)B
65『メメント』(2000年/米)B
64『プレステージ』(2006年/米)B
63『シン・ゴジラ』(2016年/米)A※
62『GODZILLA ゴジラ』(2014年/米)B※

61『見知らぬ乗客』(1951年/米)B
60『断崖』(1941年/米)B
59『間違えられた男』(1956年/米)B
58『下女』(1960年/韓)C
57『事故物件 恐い間取り』(2020年/松竹)C
56『マーウェン』(2019年/米)C
55『かもめ』(2018年/米)B
54『トッツィー』(1982年/米)A※
53『ジュディ 虹の彼方に』(2019年/米)B
52『ザ・ウォーク』(2015年/米)A※
51『マン・オン・ワイヤー』(2008年/米)B※
50『フリーソロ』(2018年/米)A
49『名も無き世界のエンドロール』(2021年/エイベックス・ピクチャーズ)B
48『ばるぼら』(2020年/日、独、英)C
47『武士道無残』(1960年/松竹)※
46『白い巨塔』(1966年/大映)A
45『バンクーバーの朝日』(2014年/東宝)A※
44『ホームランが聞こえた夏』(2011年/韓)B※
43『だれもが愛しいチャンピオン』(2019年/西)B
42『ライド・ライク・ア・ガール』(2019年/豪)B
41『シービスケット』(2003年/米)A※
40『6才のボクが、大人になるまで。』(2014年/米)A※
39『さらば冬のかもめ』(1973年/米)A※
38『30年後の同窓会』(2017年/米)A
37『ランボー ラスト・ブラッド』(2019年/米)C
36『ランボー 最後の戦場』(2008年/米)B
35『バケモノの子』(2015年/東宝)B
34『記憶屋 あなたを忘れない』(2020年/松竹)C
33『水曜日が消えた』(2020年/日活)C
32『永遠の門 ゴッホが見た未来』(2018年/米、英、仏)B
31『ブラック・クランズマン』(2018年/米)A
30『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』(2019年/米)A
29『徳川いれずみ師 責め地獄』(1969年/東映)C
28『残酷・異常・虐待物語 元禄女系図』(1969年/東映)B
27『徳川女系図』(1968年/東映)C
26『狂った野獣』(1976年/東映)A
25『一度死んでみた』(2020年/松竹)B
24『ひとよ』(2019年/日活)C
23『パーフェクト・ワールド』(1993年/米)B
22『泣かないで』(1981年/米)C
21『追憶』(1973年/米)B
20『エベレスト 3D』(2015年/米、英、氷)B※
19『運命を分けたザイル』(2003年/英)A※
18『残された者 北の極地』(2018年/氷)C
17『トンネル 9000メートルの闘い』(2019年/諾)C
16『ザ・ワーズ 盗まれた人生』(2012年/米)A※
15『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』(2019年/仏、比)A
14『ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン6』(2018年/米)C
13『大時計』(1948年/米)B
12『汚名』(1946年/米)B
11『マザーレス・ブルックリン』(2019年/米)B
10『エジソンズ・ゲーム』(2017年/米)C
9『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019年/米)C
8『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017年/米)B
7『ジョン・ウィック』(2014年/米)C
6『容疑者、ホアキン・フェニックス』(2010年/米)C
5『宇宙戦争』(2005年/米)B
4『宇宙戦争』(1953年/米)B
3『宇宙戦争』(2019年/英)B
2『AI崩壊』(2020年/ワーナー・ブラザース)B
1『男はつらいよ お帰り 寅さん』(2019年/松竹)C

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
先頭に戻る