ワクチン第1回接種、無事終了しました@新宿区💉

接種場所は東京メトロ東西線・神楽坂駅前のクリニックでした

遅ればせながら、私もきょう、やっと新型コロナウイルスワクチンの第1回接種を受けてきました。
ワクチンはファイザー社製で、いまのところ痛みも発熱も倦怠感もなく、体調は至って良好。

私が暮らしている東京都新宿区は現在、ワクチンの供給量が足りなくなっており、大久保で行われていた集団接種はいったん中止。
最寄りの医療機関で接種を受けようにも、最初のうちはどこに電話しても断られてばかりだった。

A医院「いまは1回目の接種を受けた方のみ、2回目の接種を行っていて、新たな予約は受け付けておりません。
区からのワクチンの供給がないものですから、申し訳ありません」

Bクリニック「私どもも、すでに1回目を終えられた方が2回目の接種を受けるまで、1回目の予約はお受けできません。
その2回目ぶんについても、まだ区からのワクチンの供給を待っていて、ひょっとしたら延期せざるを得ないかもしれない、という状況です」

Cクリニック「新型コロナワクチンの予約は受け付けておりません。
申し訳ありませんが、ほかの医療機関で接種を受けるようお願いします」(※自動音声)

どこに電話してもそんな返事しか返ってこないので、区のコールセンターにかけて何とかならないものかと聞いてみた。
すると、「ワクチンの保有量は各医療機関によって差があり、こちらでは把握していないので、区民の方々がご自身で1軒ずつ電話して確認していただくしかありません」という。

仕方なく、また3軒ほど電話してみたが、どこもかしこも返事は変わらず。
さすがにブチ切れそうになり、あと1軒だけ問い合わせてみて、やっぱりダメだったら当分ワクチンは諦めよう、と思いながら電話したのが〈神楽坂内科・脳神経内科クリニック〉というところ。

そうしたら、「ちょうど、きょう夕方の予約がひとり分キャンセルになったばかりなんです」というウソみたいな巡り合わせが本当にあったのです。
ただし、急遽のキャンセルだったため、これから1時間以内にクリニックを訪ねなければならず、2回目の接種の日時もすでに決まっているという。

それでも良いかと聞かれたので、すぐさまOKだと返事をしましたよ。
だって、ウチからクリニックまで、歩いて5分なんだから。

「いやあ、ありがとうございます。助かりました」と言ったら、受付の女性も「こちらこそ助かりました。ありがとうございました」。
もし私がキャンセルした枠に滑り込まなかったら、その2回分のワクチンを廃棄せざるを得なかったのかもしれませんね。

しかし、ホッとした矢先、きょう東京都が発表した新規感染者数は1149人。
これだけコロナ患者が急増し、ワクチンの供給が滞っている中、政治家は酒ばかり目の敵にして、バッハIOC会長は広島を訪問し、東京オリンピックはあくまで予定通り行うそうである。

がんばろう日本、なんて言ってる場合じゃない。
このままでいいのか日本!

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top