オリックスキャンプ3日目もアツかった⚾️🌞💦

SOKKENスタジアム正面玄関

宮崎出張3日目はオリックスの清武キャンプに足を運んできました。
昨年は来られなかったので、ここを取材するのは2年ぶり。

朝方は寒かったけれど、きのうに続く好天で、正面玄関のディスプレイも以前より立派になっている。
それなのに無観客でやらざるを得ない、というところに、人気球団の巨人やソフトバンクとはまた違う寂しさを感じた。

例年ならフードトラックが並ぶファンのためのエリア

しかし、練習の中身は巨人に負けず劣らず、非常に熱い!
僕が最初に注目したのは、ドラフト1位新人・山下舜平太(福岡大大濠)ら若手投手陣。

山下の投球練習

現在、Bグループ(二軍)で調整中の山下はこの日、初めてプルペン入りして、立っている捕手に23球の投球練習。
真価を発揮するのはこれからでしょうが、視察に来ていた他球団のスカウトからは「雰囲気あるなあ」という声が聞かれた。

バントシフトなどの練習後、助言を与える入来コーチ(右端)

さて、僕の取材の目的は、二軍投手陣を指導する入来祐作・二軍投手コーチ。
2018年にソフトバンクの二・三軍投手コーチの職を解かれて以来、2年ぶりの現場復帰を果たした。

さぞかし張り切っているだろうと思い、さっそく話を聞きに行ってみたら、意外にも…この続きは、そのうち仕事の記事としてどこかに出る予定。
巨人での現役時代から知っている昔馴染みが、こうしてまたユニフォームを着て頑張っているのはうれしい限りです。

カープの二軍監督からオリックスのヘッドコーチに転身した水本勝己氏にも久しぶりに挨拶。
つい、「赤くないユニフォームは違和感ありますね」と不躾なことを言ってしまってすみません。

関係者と報道陣用のフードトラック
宮崎塩ラーメン

投球練習終了後、関係者用のフードトラックで昼食。
数種類の弁当、麺類などがある中、宮崎塩ラーメンがウマかった。

ところで、投手陣で「一番元気がいい」と評判だったのは、阪神から移籍したベテラン能見。
3日連続ブルペンに入っているそうで、連日60~70球投げ込み、きょうは午前、午後と2度ブルペンで力強い捕球音を響かせていました。

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top