スニーカーを買い替えました👟

2019年11月19日付BLOGより

メリークリスマス♪
なんですが、それっぽいネタも話題もないので、自分へのクリスマスプレゼントを買った備忘録を綴っておきます。

今月12日、1年間使っていたスニーカーを買い替えました。
これまで使っていたのは上の画像のニューバランスで、昨年11月19日、新宿ビックロのMt.石井スポーツで購入し、ちょうど1年間で履き潰したもの。

これを買った昨年は左足の母趾球を痛めていて、小守スポーツマッサージ療院の担当トレーナーSさんに相談。
そういうことなら、足のサイズや形状をきちんとチェックしてくれるショップで新しいスニーカーを買ったほうがいい、という。

そこで、Sさん自身がホカオネオネを購入したMt.石井スポーツを訪ね、店員さんに足のサイズを測ってもらいました。
すると、左が25.5㎝、右26㎝と、両足のサイズが違っていて、そのために右足のアーチが崩れ、それが母指球の痛みにつながっていたらしい、ということがわかった。

という助言を受け、ここでニューバランスを買ってから1年後、スニーカーを買い替えるにあたり、念のためにもう一度足のサイズを測り直してもらった。
そうしたら、左が26㎝弱、右が26.5㎝弱と、去年より若干大きくなっている。

これまで使っていたニューバランスは26.5㎝だったので、また同じサイズでもいいかと思ったら、爪先に余裕のある27㎝にしたほうがいい、と店員さん(去年とは違う人)。
え〜っ、そ〜お? と思いながら、26.5㎝と27㎝、メーカー3〜4社のスニーカーを履き比べてみて、一番感触がよかったのが27㎝のトポでした。

価格は定価1万9000円のところ、ポイント割引等で1万6000ちょっと

これを履くときは、カカトを床にコンコンと打ち、足の甲の両側をしなわせながら紐を結える。
そういう作業を怠らないだけでも、履き心地、歩き心地は随分違うんだなあと、毎朝、朝食の前に散歩しながら実感している今日この頃です。

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top