WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』192

日本シリーズの〝巨人2年連続4連敗ショック〟が、球界とファンの間でいまだに尾を引いている。
巨人OB評論家から原辰徳監督に対する批判が続出している一方で、「この先の数年間、いや、ひょっとしたら10年以上、セ・リーグはパ・リーグに勝てないだろう」などと悲観しているファンも少なくない。

しかし、本当に、セ・リーグはまったくパ・リーグに歯が立たなくなったのか、何も手の打ちようがないのか。
今年2月に他界した名監督・野村克也氏は生前、よくこう言っていた。

「野球とは、弱者が強者を食えるスポーツだから面白い。
長丁場のレギュラーシーズンはチーム力の差が物を言うが、日本シリーズやクライマックスシリーズのような短期決戦は戦略次第で勝機を見出すこともできる」

実際、2017年の日本シリーズでは、DeNAがソフトバンクに3連敗したあと、2連勝している。
さらに過去に遡って〝巨人4連敗後〟のシリーズ対決をじっくりと検証してみると…。

この続きはコチラからアクセスしてお読みください!

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top