【特別独占公開!】川相昌弘氏が咲かせた薔薇🌹

先日、川相昌弘氏がLINEでこう呼びかけてきました。

「おはようございます。
最近は赤坂さんも外出してないんですか?
薔薇でも鑑賞してください」

さっそく、添付された〈マイアルバム〉を開いてみると、目にも鮮やかな真っ赤な薔薇の数々。

―うわあ、きれいで見事な薔薇ですね。😳
最初はどこかのウェブサイトの画像かと思った。

「ははは」😁

―これ、みんな自分で育てたの?🧐

「そうです。いまの家に越してきてから」🏡

川相氏との付き合いは、僕が巨人の取材を始めた1988年以来だから、かれこれ30年以上になります。
彼は翌1989年から2番ショートとしてレギュラーに定着し、533個という犠打の世界記録を樹立。

かつては大リーグ・ホワイトソックスのエディ・コリンズが保持していた犠打のメジャー記録を川相氏が更新した2002年、僕は『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』という本を書いた。
彼のことなら、野球も私生活も、大概のことは知っているつもりでいたけれど、このような薔薇を栽培しているとは想像もしていませんでした。

せっかくの画像なので、これは是非僕のBlogに載せて、彼やプロ野球ファンのみなさんに見て頂きたい。
そうお願いしたら、川相氏はさらに異なる種類の薔薇画像を送ってくれました。

自粛生活もそろそろ出口が見えてきそうだけれど、ここで気を緩めちゃいけない今日この頃。
川相氏が咲かせた薔薇が、見て頂いたみなさんにとって、少しでも癒しになれば幸いです。

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top