東京スポーツ『球界平成裏面史14/巨人vs阪神、遺恨報復の泥沼抗争の巻』

甲子園での大乱闘を伝えるスポーツニッポン:1998年8月3日付1面

平成時代は巨人−阪神の伝統の一戦も死球合戦や大乱闘が多かった。
とくに、いまでもファンの語り草になっているのは、巨人・清原vs阪神・藪の抗争でしょう。

最初は、死球を受けた清原が「今度やったらしばいたるぞ!」。
これに藪がマスコミを通じて、「清原さんは内角が弱点だから、そこを突かないと」とシレッと応酬。

平成10(1998)年、東京ドームでまた藪がぶつけたら、清原が「今度は顔を歪めたる!」
昔の野球が楽しかったのは、単にいがみ合っていただけでなく、こんなふうにコメントがプロレスチックで面白かったからでしょうね。

これが布石となり、甲子園での大乱闘に発展する。
阪神・大熊コーチの飛び蹴り、巨人・仁志のジャンピング・ニーアタックと、まさにプロレスのバトルロイヤルさながらだった。

同日のスポニチ2〜3面

詳しくはきょうの東スポ、大スポ、中京スポでお読みください!
朝刊の九スポは明日掲載予定です!

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top