カープは毎日が〝聖夜〟🎄

宮崎交通路線バスの車窓から望む日南海岸の「鬼の洗濯板」

6泊7日を過ごした日々があっという間に過ぎ去り、宮崎キャンプ取材もきょうで実質的に終了です。
この日は広島カープ以外、宮崎でキャンプを行っている巨人、ソフトバンク、オリックス、西武、それにヤクルト二軍も休養日、ということで、またカープの日南キャンプに足を伸ばしてきました。

毎回利用している公共交通機関は、行きが宮崎交通路線バスの約1時間50分1860円、帰りがJR日南線の約1時間20分1130円。
行きは左側に延々と広がる日南海岸の「鬼の洗濯板」、帰りは全国でも珍しい気動車がガタゴト揺れて、〝宮崎感〟を満喫させてくれました。

ポカポカ陽気の中で行われたカープのフリー打撃

この日の練習の目玉はドラフト1位新人・森下の3回目のブルペン入り、先発ローテの一角を担う九里のフリー打撃初登板、佐々岡監督が期待する若手投手陣のシート打撃登板、などなど。
シート打撃では、2日目にフリー打撃に登板した矢崎、塹江、遠藤、山口、高橋樹、ケムナ誠が再登板。

しかし、一番目だったのはやはり、1本塁打を含む3安打と順調な調整ぶりを見せている鈴木誠也。
そこで、記者の方々の間ではこんな会話が…。

「きょうも誠也でやるしかないぞ」

「また誠也か。毎日が誠也じゃないか」

「…セイヤ(聖夜)、セイヤって、クリスマスかよ」(これは私)

お後がよろしいようで…。

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top