東京スポーツ『赤ペン!!』241

先日、巨人のスタッフ会議を取材に行ったとき、山口オーナーが「今年は何としても日本一を取りたい」と強調していた。
巨人は最後に日本シリーズを制した2012年年以降、7年連続で日本一を逃しており、これは球団史上最長タイ記録。

今年、不名誉な新記録をつくらないためには、「(日本シリーズで)ソフトバンクに勝たなければならない」と山口オーナーは言う。

では、ソフトバンクと巨人との差は何だろう。
マスコミや評論家諸氏はよく選手の育成力、スカウト力の差などが指摘しているが、私には異論があるのですよ。

最も大きなポイントは、自前の本拠地球場を所有しているか、いないか、ではないか。
この問題は、松井秀喜氏を監督として呼び戻せるかどうか、という課題ともリンクしている。

この続きはきょうの東スポ、大スポ、中京スポでお読みください!

※一部地域は翌日水曜発売。
※朝刊の九州スポーツも同日掲載(ただし紙面の都合上、水曜以降掲載となる場合もあります)。
※ネット転載は原則として翌日水曜日11時以降。

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top