東京スポーツ『赤ペン!!』240

ヤクルトの黄金ルーキー・奥川恭伸(星稜)の一軍デビューはいつになるのか。自主トレ期間中、右肘の炎症が明らかになったため、キャンプは一軍の沖縄・浦添ではなく、二軍の宮崎・西都に決定。

高津監督もしばらくは慎重に育成を進めていく方針。
もし奥川が故障でもしたら、野球ファンや球界の〝球数制限派〟に猛烈な批判を浴びかねない。

しかし、私が球団関係者から聞き出したところでは、慎重に様子を見ながらも、シーズン中のある時期に一軍デビューさせたい、という。
他球団関係者の間では、「奥川が出てくるのは意外に早いかも」という憶測も流れている。

この続きはきょうの東スポ、大スポ、中京スポでお読みください!

※一部地域は翌日水曜発売。
※朝刊の九州スポーツも同日掲載(ただし紙面の都合上、水曜以降掲載となる場合もあります)。
※ネット転載は原則として翌日水曜日11時以降。

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top