久々に故郷・竹原を歩く

赤坂家の菩提寺・照蓮寺は観光名所でもあります

今年のBlogもきょうでおしまい。
さて、最後にどんなネタをアップしようかと考えましたが、ごく普通にお墓参りに行ってきたことを書いておきます。

赤坂家のお墓は実家から歩いて10~15分程度の照蓮寺にある。
ここはいまや、観光名所としてすっかり有名になった〈町並み保存地区〉の一角。

今年は嵐のCM撮影が行われたり、ちょっと前にはNHKの朝ドラ『マッサン』(2014~15年)の舞台になったり、もっと昔まで遡れば大林宣彦監督、原田知世主演版『時をかける少女』(1983年)のロケ撮影が行われたりしたところ。
最近では、お洒落なショップ、博物館、土産物屋、レストランなども建ち並び、全国から大勢の観光客を集めている。

私が子供のころ、祖父母の家があった近辺

しかし、ぼくにとっては、子供ころから走り回っていた単なる〝田舎町〟ですからね。
当時は正直言って、とにかく田舎だな、年寄り臭い町だなあ、という印象が強かった。

ところが、自分がだんだんその年寄りに近づいてくると、こういう町が自分の帰る場所であることがありがたくなってくる。
例年は墓参りだけ済ませるとさっさと自宅へ帰っていたんですが、きょうは久しぶりにこの界隈を散策してみました。

で、このあたりの写真をSNSにアップし、「いいところですね」などというコメントが寄せられると、ちょっぴり自慢したくもなる。
A先生の平易な表現ながらも味わい深い文章は、こういう古式床しい町の文化によって育まれたのですよ、と。

というと、やっぱり気取り過ぎですね。
それではみなさん、良いお年をお迎えください。

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top