WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』165

そろそろセ・リーグもパ・リーグに倣ってDH(指名打者)制にするべきか。
それとも、野球はあくまでも9人でやる原則を守るべきなのか。

日本シリーズで巨人がソフトバンクに初戦から4連敗した今年のシーズンオフ、いま改めてセ・リーグのDH制導入が議論の的になっている。
ここ10年、日本シリーズで日本一となったのはセが僅か1回(2012年巨人)、パが7年連続を含む9回(うち6勝がソフトバンク)。

今年で15回目を迎えたセ・パ交流戦も、パの1位12回、勝ち越し14度に対して、セは1位3回、セ3度と大きく水を空けられている。
かくも長らく〝パ高セ低〟が定着している原因を、「DH制にあり」と分析しているセ球団関係者は多い。

投手ではなく指名打者が打線に入るパは、攻撃力でセに勝る。
また、レギュラーシーズンの公式戦でそういう強力打線と勝負しているパの投手も当然、セ以上のパワーをつける。

だから、これだけ〝実力格差〟が広がったのだ、というわけだ。
そうした中、巨人・原辰徳監督が声を大にしてDH制の採用を訴えたのだが、果たしてその当否は…?。

この続き、興味のある方はコチラにアクセスしてください!

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top