東京スポーツ『赤ペン!!』229

先日、当ホームページのBlogに『3連敗4連勝は二度起こらない』という拙文をアップしたところ、意外にも多くのアクセスをいただきました。
まあ、数万とか数千とかまではいきませんが、数百くらいは。

それだけ、今年の日本シリーズで巨人がソフトバンクにあっけなく負けてしまったことがファンにショックを与えたんでしょうね。
なにしろ、初戦から1勝もできず、ほとんどいいところがないまま、ストレートの4連敗だったから。

巨人が3連敗から4連勝したのは1989年、近鉄との日本シリーズ。
ぼくはあのシリーズを1戦から7戦まで、すべて現場で取材している。

その翌90年、西武に初戦から4連敗したシリーズも取材していて、当時の記憶はいまだに鮮烈。
トシを取るにつれて、最近ますます、昔のことがついきのうのことみたいに思えるようになっている、こともあるんだけれど。

そういうぼくの印象からすると、今年の原巨人は89年ではなく、90年の藤田巨人によく似ていた。
こういうことを書いたら、原監督をはじめ、当時現役選手だった現在の首脳陣に嫌な顔をされるかな。

ここから先はきょう発売の東スポ、大スポ、中京スポでお読みください!

※一部地域は翌日水曜発売。
※朝刊の九州スポーツも同日掲載(ただし紙面の都合上、水曜以降掲載となる場合もあります)。
※ネット転載は原則として翌日水曜日11時以降。

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top