増税前のお買い物

新しい無段階シートポスト、カインドショックのLEV、サイズは27.2

今朝は久しぶりにS県H市の里山へ行こうと朝6時に起床。
前夜のうちに愛車のチェックを済ませ、ウエアやザックも用意しておいたのだが、ベランダに出た途端、予想以上の蒸し暑さにやる気が萎えてしまった。

トシかなあ。
でも、この時点での気温27℃以上、湿度90%近く。

とても私のようにひ弱な年寄りがトレイル遊びをしてもいいコンディションではない。
そこで、当初は里山の帰りに寄るつもりだった行きつけのMTBプロショップ、M.D.Sへ自転車で直行。

目的は新しいシートポストの購入、古いシートポストとの交換。
10年間使っていたグラビティドロッパー(アメリカ)の2段階可変シートポストが何度も故障していたため、5月に無段階の新製品をオーダーしていたのです。

サイズが27.2インチだったため、仕入れ先に在庫がなく、てんちょからやっと届いたというメールが来たのが8月2日。
その後、あまりに暑いので購入と交換を2カ月近くも延び延びにしてしまっていた。

で、ハタと気がついたらもう9月30日と消費税の増税前日。
明日、明後日はショップが休みで、10月3日に購入したら10%の消費税がかかってしまう。

新しいシートポストはカインドショック(台湾)のLEV(レヴ)。
2段階しか高さを調節できなかったグラビティドロッパーと違い、オフィス用の椅子のように段階がなく、自分の好みの高さに調節できる。

2010年にグラビティドロッパーから2段階シートポストが出たときは、便利な物ができたなあ、と感激。
34,800円という値段もさして高いとは思わなかったけど、時の流れは早い。

LEVIの値段は47,000円、てんちょによる工賃が2000円。
消費税が8%なら総額50,760円、10%なら53,900円と、2,140円も高くなっちゃうんだから、この差は大きい。

ちなみに、おとといときのうはドラッグストアに出かけた際、私も人並みに買い溜めをしました。
というか、レジに並んでいるお客さんがみんなやたらとたくさん買い物をしていて、どうせ待たなきゃならないのなら、オレも酒や生活必需品を買っておこうかな、と考えて。

ティッシュペーパー5箱パックを2つ、トイレットペーパー12ロールを2つ、缶ビール6本パック1つ、焼酎1瓶、赤ワイン1瓶、などなど。
このぐらいでも、消費税8%が10%になったらバカにならないからね。

と思いながら、これ以上買い溜めする気力は湧かなかった。
やっぱりトシかなあ。

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top