東京スポーツ『赤ペン!!』221

昨夜の神宮球場は侍ジャパンU18壮行試合、高校代表vs.大学代表で大いに盛り上がりました。
先発の大船渡・佐々木朗希が150㎞台の速球を連発すれば、4番の東邦・石川昂弥も長打・好走塁で先制点に逆転タイムリー!

先週まで熱戦が繰り広げられた今夏の甲子園、第101回高校野球選手権大会を思い起こしたファンも多いことでしょう。
そこで、またかと思われるかもしれませんが、達川光男氏のとっておきの〝広島商ネタ〟をもう一つ紹介しておきたい。

22日に履正社-星稜の決勝で始球式を務めた達川氏、実は広商時代の1973年春、横浜との決勝である〝反則〟をやっていた。
プロ入りしてからもその〝罪の意識〟が拭えず、数年前に横浜監督の渡辺元智氏に〝謝罪〟していたのです。

この続きはきょうの東スポ、大スポ、中京スポでお読みください!

※一部地域は翌日水曜発売。
※朝刊の九州スポーツも同日掲載(ただし紙面の都合上、水曜以降掲載となる場合もあります)。
※ネット転載は原則として翌日水曜日11時以降。

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top