現場取材は試合前が面白い

阪神の試合前練習。ウインドブレーカーのポケットに両手を突っ込んだ中央の人物が矢野監督

連休明け、1週間ぶりに足を運んだプロ野球の現場は、ヤクルト-阪神戦が行われている神宮球場。
自宅から近いところにしか取材に行かないのか、と言われそうですが、きょうの関東地方の試合はここだけなのですよ。

ヤクルトの試合前取材で、私がいつも楽しみにしているのが、小川監督の囲み。
二軍監督、編成部のスカウトやシニアディレクターを務めていた経験が長いだけに、注目選手の状態を聞くと、いつも独特の視点から評価を語ってくれる。

きょう話題に上ったのは、打撃好調の村上、抑えに抜擢した梅野、ファームで調整中の寺島、などなど。
「〇〇なんて、編成にいたころ、初めて試合を見に行ったら、外野でこんな態度でさあ…」と、ざっくばらんな口調にまた味があるのですよ。

野球以外の話題も豊富な人で、紫外線による肌への悪影響、棺桶のサイズの上限など、ふだんはあまり耳にしないネタがポンポン出てくる。
これでヤクルトが勝ち、首位巨人に肉薄してくれればコラムが1本書けるぞ、と期待していたら、きょうは阪神に惜敗。

負け投手になった原樹理は新人時代にインタビューしたことがあり、応援している選手のひとり。
実は温めているネタもあるんですが、なかなか書く機会がないなあ。

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top