里山は〝害獣〟ハンティング中

右回りループ1周目、せせらぎポイントを超えたところ。私の愛車〈ナイナー〉の左側に小さな小さな川が流れています。

先週の土曜に続き、今年8回目の里山トレイルに行ってきました。
僅か1週間でも山の様相は細かく変わるもので、右回りループの途中、先日の強風で薙ぎ倒されたらしい倒木が2カ所。

ただ、走っても超えられる程度の細い木なので、ライディングには支障なし。
路面はそれほどドライではなかったけれど、ウェットでもなく、程よく締まっていて走りやすかった。

ちょっと驚いたのは、右回りのループの途中で、オレンジ色のジャンパーを着たハンターに出くわしたこと。
遠くから、パンパン! という銃声も聞こえたので、これはいったいどうしたことかと、林道で会ったハンターに聞いてみました。

「きょうは害獣駆除の日で、H市とO市の共同でこの一帯を回っています。
主に鹿、それに猪、たまに猿が出てくることもありますね」

「熊脅しの鈴の音が聞こえるけど、ハンターの人たちが付けてるんですよね。
ということは、熊も出るの?」

「うーん、どうかなあ、熊はいないんじゃないかな。
私は見たことありませんから」

土曜だから同好の士のマウンテンバイカーで混んでいるかと思ったら、先週ほど多くはなく、ソロやペアと何度か行き交った程度。
知人と立ち話をすることもなく、結構いいペースで走れて、11時半になる前には右と左の2周が終了してしまいました。

H駅前で昼ごはんを食べ、電車で都内まで帰り、買い物をして帰宅してもまだ午後2時。
休みの日は野球を見ないことにしてるんですが、ちょうど巨人−ヤクルト戦、DeNA−広島戦のテレビ中継が始まったところだったので、つい見てしまった。

でも、きょうは野球については何も書かないよ。
それではまた明日。




スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top