トレイルは脳細胞を活性化させる、と思う

この輪行袋は29インチ用、いつも西武線急行H行き車両の最後尾に置く

今月3回目のトレイルに行ってきました。
たぶん、プロ野球の開幕前に走れるのはこれが最後。

場所はいつものS県H市。
最近は『翔んで埼玉』や〈ムーミンバレーパーク〉が大変な話題になっていますが、マウンテンバイカーにとっては昔から有名なトレイルコースもあるんですよ。

路面のコンディションはよかったけど、スギ花粉で靄っていたような…

マウンテンバイクの面白いところは、同じコースを走っていても、その日の体調や路面コンディションによって、毎回ライディングが変わるところ。
きょうは1周目の前半が快調で、最初の上り、V字のアップダウン、お寺の上の根っこもそれなりにクリアできた。

しかし、1周目で少々張り切り過ぎたせいか、2周目前半のもののけ激坂では足が動かず。
後半はいつものように快適に下れたものの、スタミナ配分に課題が残りました。

このスポーツは、山の中で汗をかき、スピードを出しながら、しっかり路面を読んで走らなきゃならない。
その過程で体内からアドレナリンが湧き出し、神経や脳細胞が活性化されることが、仕事や私生活にも好影響を与えている、と思う。

スポーツは見るだけでなく、自分でもやらないと、リアルで共感を得られる原稿は書けないんじゃないかな。
いや、いい仕事をするために自転車に乗ってるわけじゃありませんけどね。

山を降りたらやっぱりビー…じゃなくてつけ麺!
H駅前〈M〉の百兵衛つけそば850円はきょうも美味かった!

スープと麺の両方に味付き玉子が入っているのがうれしい



スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top