『ホテル』(WOWOW)

(Kleinhoff Hotel/1977年 イタリア、西ドイツ/日本公開1981年 103分/日本劇場公開版91分)

ソフトコア・ポルノの古典『O嬢の物語』(1975年)で有名なコリンヌ・クレリーがイタリアの社会派カルロ・リツァーニと組んだエロティック・サスペンス。
WOWOWが同時代の『エマニエル夫人』シリーズ全3作(1974〜75年)を2月に初放送するのを機に、こちらも〈官能映画特集〉の1本として初のオンエアとなった。

クレリー演じるヒロイン・パスカルは、結婚して7年目になり、倦怠期を迎えているフランス人女性。
ベルリンの別荘からパリの自宅へ帰ろうとしていたが、飛行機に乗りそびれて学生時代に泊まっていたクラインホフ・ホテルに宿泊し、隣室の若い男カリ(ブルース・ロビンソン)に興味を惹かれる。

パスカルは隣室に通じるドアの隙間からカリの様子を覗き見し、売春婦とのセックスを目の当たりにして興奮。
クレリーはヌードもさりながら、きれいで端正な目元が印象的な女優で、リツァーニはこれでもかとばかりにその目元のクローズアップで押している。

カリはベルリンで暗躍する地下組織のテロリストで、秘かに裏切り者を暗殺するために宿泊していた。
パスカルがカリのあとを尾けている最中、撮影当時のベルリンの学生による反体制運動の点描が挿入されているあたりが社会派のリツァーニらしい。

カリとパスカルはお約束通り愛し合う仲となって、パスカルもパリ行きの飛行機が連日満員なのをいいことに、延泊を重ねて情事に耽る。
しかし、最後は警察に追い詰められたカリがベッドで手首を切って自殺。

朝になってカリが死んだことに気づいたパスカルは、表情ひとつ変えずにホテルから去って行く。
こういうエンディングのビターな味わいは昔のイタリア映画ならではだろう。

ただ、クレリーは短く切ったヘアスタイルが日本の〝おばさんパーマ〟みたいで、『O嬢』や『ヒッチハイク』(1977年)よりも魅力に乏しい。
本作以降、主要な活躍の場をイタリアのテレビに移したそうで、映画にはほとんど出なくなりましたね。

オススメ度C。

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2019リスト
※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

11『ブラックブック』(2006年/蘭)A
10『スペース・ロック』(2018年/塞爾維亜、米)C
9『ブラックパンサー』(2018年/米)A
8『ジャスティス・リーグ』(2017年/米)C
7『ザ・リング2[完全版]』(2005年/米)C
6『祈りの幕が下りる時』(2018年/東宝)A
5『ちはやふる 結び』(2018年/東宝)B
4『真田幸村の謀略』(1979年/東映)C
3『柳生一族の陰謀』(1978年/東映)A
2『集団奉行所破り』(1964年/東映)B
1『大殺陣』(1964年/東映京都)C

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top