東京スポーツ『赤ペン!!』193

きょう、宮崎からお送りするキャンプリポート第1弾は巨人モノです。
カープかソフトバンクで書くことも考えたんだけど、何かとお世話になった原監督復帰1年目でもあるので。

書き出しはこんな感じ。

今年、巨人キャンプを取材する上で便利になったのは、サンマリンスタジアムのすぐ近くにブルペンが新設されたことである。
これには18年ぶりにユニホームを着た水野投手コーチも同意見だ。

その水野コーチ曰く、
「投手陣で決まっているのは先発の菅野ひとりだけ。シーズンが始まったらなにがあるかわからない」(本文より)

この続きはきょうの東スポ、大スポ、中京スポでお読みください。

※一部地域は翌日水曜発売。
※朝刊の九州スポーツも同日掲載(ただし紙面の都合上、水曜以降掲載となる場合もあります)。
※ネット転載は原則として翌日水曜日11時以降。




スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top