キャンプ取材初日はソフトバンク

今年もまた各球団のキャンプ巡りが始まりました。
朝8時半前にTBSラジオを出て、ハイヤーで羽田空港へ向かい、10時発のJAL便で宮崎へ。

そのまま空港から巨人のキャンプへ直行しようかとも思ったけど、でかいゴロゴロを抱えているので、いったん宮崎市内のホテルへチェックイン。
そこから一番近いソフトバンクのキャンプ地・生目の杜へタクシーを走らせ、到着したのが午後1時過ぎ。

で、行ってみたら、ちょうどアイビースタジアムで内川、柳田、上林ら、主力打者のティー打撃が始まったところだった。
いやあ、今年もガンガン打ちまくりそうですね、この面々。

一方、ブルペンでは投球練習の真っ最中。
千賀や武田らの主力に加えて、即戦力新人の甲斐野、杉山、板東らが力強い球を投げているのが目を引きました。

それにしても、ソフトバンクの練習は相変わらず長い。
もうひとつ、この時期の宮崎は天気はいいけど、やっぱり風が冷たい。

宮崎なら要らないかも、と思ったインナー付きのコート、マフラー、手袋は必需品。
これからキャンプを見に来られるファンの方も、しっかりと防寒対策をするようお勧めします。



スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top