東京スポーツ『赤ペン!!』191

東京スポーツ『赤ペン!!』

 今週も巨人ネタです。

 巨人に復帰して以来、原監督の話を聞いていると、この人の発信力は12球団の監督で一番だと、改めて感心させられる。
 宮崎キャンプはチームをベテランと若手に分け、球団史上最速となる2月3日に紅白戦を行い、11日までの3試合で一軍から二軍へ振るい落としを計るという。

 過去、巨人キャンプにおける紅白戦の〝最速記録〟は、長嶋監督時代の1995年2月5日。
 巨人はあのときも、ヤクルトから広沢、ハウエル、広島から川口を引き抜き、「巨大戦力」と評判を取っていた。

 これにムカッ腹を立てたのが、当時ヤクルトを率いていた野村監督で…。

 (本文より)

 この続きはきょうの東スポ、大スポ、中京スポでお読みください。

※一部地域は翌日水曜発売。
※朝刊の九州スポーツも同日掲載(ただし紙面の都合上、水曜以降掲載となる場合もあります)。
※ネット転載は原則として翌日水曜日11時以降。

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top