少しはスキルが上がったかな?

トレイル

 またまた里山に行ってきました。
 この10日間で3回目で、前回に引き続き、H市のA丘陵。

 平日だからガラガラだろうと思ったら、天気が良かったせいか、3組の同好の士と遭遇。
 こういうとき、よく「お先にどうぞ」と言われるけど、私は大抵、「いえいえ、そちらがお先に」と譲ることにしている。

 理由は、要するに遅いヘタレだから。
 下りでビビったり、上りで息を切らしたりしてるところを、後ろから見られるのが恥ずかしいんだよね。

 きょうはどこかのショップ主催のツアーがあり、プロのクロカンライダーも来ていたらしく、出会ったバイカーによれば「山の中に20人ぐらいいるようです」。
 幸い、私は出食わさずにホッとしました。

 でも、まあ、これだけ短い間隔でトレイルに通っていると、否でもある程度はスキルが上がってくるもののようです。
 きょうは最近つっかえていたポイントをいくつか乗車したままクリアできて、結構トクをした気分になりましたね。

 そんな私を見ていた女性のバイカーが、「ウチのお父さんはすぐバテちゃうんですよ。いいですね~、若くて」。
 いや、たぶんアナタより私のほうがトシを食ってますよ、と言いそうになったけど、辛うじて口には出さず。

 路面はほどよくドライで、ずっと道を塞いでいた倒木も現在はご覧のような状態に(画像)。
 これも地元のMTB友の会や環境フォーラムの方々のおかげでしょう。

 なるべく間を置かずにまた来たいけど、今月はきょうがラストラン。
 12月と1月で何回来られるかな~。


スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top