東京スポーツ『赤ペン!!』183

東京スポーツ『赤ペン‼』

 野球ライターとしての私にとって、この2年間はある意味、「根尾昂の季節」でもあった。

 一昨年2016年の暮れに大阪桐蔭高校のグラウンドに足を運び、まだ1年生だった根尾に会って、昨年17年の選抜大会で甲子園デビューを取材。
 今年の夏に見事優勝して高校生活の最後を飾るまでに、新聞、雑誌、ネットで原稿を書き続け、根尾をはじめとした高校球児たちの本も1冊上梓している。

 その根尾が、ドラフト1位の当たりくじを与田監督に引き当てられ、小学生時代から縁のある中日に入団。
 そこで思い出すのが、かつてPL学園高校からドライチで中日入りし、見事1988年の新人王に輝いた立浪和義である。

 実は私、88年からこの仕事を始めて、その年に追っかけていたのが立浪なんですよ。
 ご本人は覚えていないだろうけど、秋季キャンプ中に浜松のホテルでインタビューしたこともあった。

 さて、来年の根尾は30年前の立浪を超えられるか。
 超えたら「ミスタードラゴンズ」を襲名するわけで、どうせならそこまでいってほしいものですが…。

 この続きはきょうの東スポ、大スポ、中京スポでお読みください。

※一部地域は翌日水曜発売。
※朝刊の九州スポーツも同日掲載(ただし紙面の都合上、水曜以降掲載となる場合もあります)。
※ネット転載は原則として翌日水曜日11時以降。

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top