WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』140

WEDGE Infinity

 はたと気がつくと、最近、東スポの『赤ペン‼』でもこっちの『野球丸』でも広島の話題ばかり書いている。
 そろそろ違う球団のネタも取り上げないと、と思いながら、すみません、今週もやっぱりカープです。

 ファンならご存知のように、今年の日本シリーズは広島にとって、34年ぶりの日本一がかかっていました。
 その34年前の1984年、阪急との対決で、正捕手としてシリーズ初出場を果たしたのが達川光男さん。

 今年のシリーズでソフトバンクのヘッドコーチを務めていた、あの達川さんです。
 つまり、カープは34年ぶりの日本一は果たせなかったけれど、OBの達川さんだけは雪辱を果たした、ということになる。

 達川さんが選手として日本一にまで上り詰めたのは、結局、あの84年の一度きりだった。
 その後、西武と戦った86年、91年は、いずれも先に3勝して王手をかけながら、あと一歩のところで敗れている。

 第1戦から7戦まですべて取材した91年、達川さんの悔しさに満ちた横顔はいまでも忘れられません。
 その達川さんが、今年の日本シリーズを最後に、ソフトバンクから退団しました。

 というわけで、今回は84年から今年まで、34年に及ぶ達川さんの思い出を書いてみました。
 この続きはコチラ、及び右側タイトルメニューのバナーからアクセスしてお読みください。

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top