『シザーハンズ』(NHK-BS)

Edward Scissorhands

 ティム・バートンが製作・監督・原案を手がけ、のちに名コンビとなるジョニー・デップと初めて組んだ初期の代表作。
 製作当時27歳だったジョニデの演技はいま見ても素晴らしく、個人的には『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジャック・スパロー以上の当たり役だと思う。

 中産階級の一戸建てが建ち並ぶ住宅街で化粧品のセールスをしている主婦ペグ(ダイアン・ウィースト)が、町外れにある古城のような家を訪ね、両手がハサミになっている少年エドワード(ジョニデ)を発見。
 彼を不憫に思って自宅へ連れ帰り、自分の夫や子供達と同様、家族の一員として一緒に暮らすことにする。

 エドワードの住んでいた古城がお化け屋敷のような外観なのに対して、ペグの住む住宅街は同じ外観、同じパステルカラーの分譲住宅が並んだ絵本やイラストさながら。
 そこに、レザーの上下に身を包み、長髪をビンビンに立たせ、パンク・バンドのロッカーみたいなメイクをしたジョニデがオドオドしながら現れる。

 この画作りは絶妙の一語!
 バートンの趣味とセンスが反映されているのは間違いないが、衣裳のコリーン・アトウッド(『TIME/タイム』2012年、『トゥームレイダー ファーストミッション』2018年など)、セットを受け持った美術のボー・ウェルチ(『メン・イン・ブラック』シリーズ1997~2012年など)、トム・ダフィールド(『ローン・サバイバー』2014年、『パトリオット・デイ』2017年など)ら、このジャンルの第一人者たちが実にいい仕事をしている。

 エドワードはもともと、古城で暮らしていた発明家(ヴィンセント・プライス)が作り出した人造人間。
 両手のハサミをふつうの手に付け替える直前、その発明家が心臓発作で死んでしまったのだった。

 ちなみに、プライスは映画史上に残るホラー映画の名優で、熱烈なファンだったバートンのオファーを受けて出演。
 その3年後に82歳で亡くなり、本作が遺作になったという奇妙な因縁がある。

 エドワードはやがて、ハサミで植木とペットのカッティングに天才的な手腕を発揮。
 住宅街の主婦たちの美容師まで務め、テレビ番組にも出演し、一躍人気者となってゆく。

 そうした最中、ペグの娘キム(ウィノナ・ライダー、当時19歳)と惹かれ合うようになるのだが、キムのボーイフレンド、ジム(アンソニー・マイケル・ホール)がエドワードに嫉妬。
 ジムの悪巧みにハマったエドワードは、両手のハサミで誤って物や人を傷つけてしまい、周囲の誤解や反発を招いて住宅街での評判も一変、バケモノ扱いされてコミュニティーから疎外されるようになる。

 ここに、よくあるホラー映画のモンスターとは一線を画す、本作の主人公独特の業と哀しみがある。
 エドワードのハサミとは、名作、快作、傑作を作り出して人々を喜ばせるアーチストの道具であると同時に、不用意に使うとたちまち人々を傷つけ、あらゆる物を破壊してしまう凶器と化すのだ。

 そして、エドワードは最終的に、自分の身とキムを守るためとはいえ、そのハサミで人の命を奪うことになる。
 当然のことながら、殺人という罪を犯したエドワード、彼をかばって逃したキムにも、本当の意味での幸せは訪れない。

 ハッピーエンドではなくバッドエンドで、本質的には苦い物語なのに、見終わったあとには、ああ、いい映画を見たなあ、という印象が残る。
 これぞモンスター・ファンタジーの傑作!

 オススメ度A。

(1990年 アメリカ=20世紀FOX/日本公開1991年 105分)

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2018リスト
※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

66『グーニーズ』(1985年/米)B
65『ワンダーウーマン』(2017年/米)B
64『ハクソー・リッジ』(2016年/米)A
63『リリーのすべて』(2016年/米)A
62『永い言い訳』(2016年/アスミック・エース)A
61『強盗放火殺人囚』(1975年/東映)C
60『暴動島根刑務所』(1975年/東映)B
59『脱獄広島殺人囚』(1974年/東映)A
58『893愚連隊』(1966年/東映)B
57『妖術武芸帳』(1969年/TBS、東映)B
56『猿の惑星』(1968年/米)A
55『アンドロメダ・ストレイン』(2008年/米)C
54『ヘイル、シーザー!』(2016年/米)B
53『パトリオット・デイ』(2016年/米)A
52『北陸代理戦争』(1977年/東映)A
51『博奕打ち外伝』(1972年/東映)B
50『玄海遊侠伝 破れかぶれ』(1970年/大映)B
49『暴力金脈』(1975年/東映)B
48『資金源強奪』(1975年/東映)B
47『ドライヴ』(2011年/米)C
46『バーニング・オーシャン』(2016年/米)A
45『追憶の森』(2015年/米)B
44『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(2017年/ワーナー・ブラザース)B
43『パットン大戦車軍団』(1970年/米)B
42『レッズ』(1981年/米)B
41『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』(2016年/米)B
40『エクス・マキナ』(2015年/米)B
39『オール・アバウト・マイ・マザー』(1999年/西)B
38『ムーンライト』(2016年/米)B
37『アメリカン・バーニング』(2017年/米)B
36『セル』(2017年/米)C
35『トンネル 闇に鎖された男』(2017年/韓)B
34『弁護人』(2013年/韓国)A
33『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年/クロックワークス)A
32『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(2017年/東宝)B
31『南極料理人』(2009年/東京テアトル)B
30『沈黙 -サイレンス-』(2016年/米)B
29『メッセージ』(2016年/米)B
28『LOGAN/ローガン』(2017年/米)C
27『チャック~“ロッキー”になった男~』(2017年/アメリカ)B
26『ヒッチコック/トリュフォー』(2015年/米、仏)B
25『沖縄やくざ戦争』(1976年/東映)B
24『恐喝こそわが人生』(1968年/松竹)B
23『われに撃つ用意あり』(1990年/松竹)C
22『T2 トレインスポッティング』(2017年/英)A
21『ロスト・エモーション』(2016年/米)C
20『激流』(1994年/米)C
19『チザム』(1970年/米)B
18『駅馬車』(1939年/米)A
17『明日に処刑を…』(1972年/米)A
16『グラン・ブルー[オリジナル・バージョン]』(1988年/仏、伊)B
15『エルストリー1976- 新たなる希望が生まれた街 -』(2015年/英)D
14『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』(2015年/西)B
13『サム・ペキンパー 情熱と美学』(2005年/独)B
12『ビリー・ザ・キッド 21才の生涯』(1973年/米)B
11『わらの犬』(1971年/米)A
10『O嬢の物語』(1975年/仏、加、独)C
9『ネオン・デーモン』(2016年/仏、丁、米)D
8『団地』(2016年/キノフィルムズ)B
7『スティーブ・ジョブズ』(2015年/米)B
6『スノーデン』(2016年/米)A
5『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年/米)B
4『ドクター・ストレンジ』(2016年/米)B
3『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』(1967年/台、香)B
2『新宿インシデント』(2009年/香、日)B
1『日の名残り』(1993年/英、米)A

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top