『グーニーズ』(NHK-BS)

The Goonies

 1970~80年代、現代のDCシリーズとは趣を異にする質実剛健な『スーパーマン』シリーズを撮っていたリチャード・ドナー監督作品。
 製作総指揮にはスティーヴン・スピルバーグをはじめフランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディが名を連ね、劇場公開当時は大ヒットを記録した。

 ぼくはシンディ・ローパーの歌う主題歌『グーニーズはグッドイナフ』が好きで、いまでもiPod nanoに入れているのだが、肝心の映画を見たことは一度もなかった。
 この主題歌のMTV(当時流行したミュージック・ビデオ)ではプロレス団体WWFとのコラボが行われ、ハルク・ホーガンやロディ・パイパーが出演、大笑いしたことまでよく覚えてるんですけどね。

 しかし、初めて見た本編自体は、よくできてはいるものの、現代ではいささかまどろっこしく感じられる。
 タイトルのグーニーズは港町に住むいたずらっ子4人のチームで、マイキー(ショーン・アスティン)、マウス(コリー・フェルドマン)、チャンク(ジェフ・コーエン)、データ(キー・ホイ・クァン)、「イモ波止場のマヌケなやつら」という意味。

 リーダー格のマイキー、食いしん坊のチャンク、発明マニアのデータ、外国語に堪能なマウスと、キャラクターもしっかり描き分けられていて、それぞれになかなか魅力的。
 この4人がある日、不動産屋に立ち退きを迫られているマイキーの家の屋根裏で、伝説の海賊「片目のウィリー」が残した宝物の在り処を示す地図を発見する。

 金銀財宝を手に入れれば家を売らなくても住むからと、みんなで宝探しに乗り出した海岸のあばら家には、ならず者のブラッテリー一家(アン・ラムジー、ロバート・デヴィ・ジョー・パントリアーノ)が潜んでいた。
 こうして、グーニーズの宝探しと悪漢たちとの追っかけっこが並行して展開する。

 あばら家の地下は洞窟の迷路になっていて、海賊たちによってあちこちにブービートラップが仕掛けられていた。
 この様々なワナをグーニーズがどうにかこうにかかい潜り、ようやく宝物の在り処に辿り着いたところで、追いかけてきたブラッテリー一家も到着し、くんずほぐれつのバトルとなる。

 このクライマックスにきて、おつむが弱く、バカ力の持ち主で、顔の左半分が変形しているブラッテリー一家の末弟スロース(ジョン・マトゥザック)が思わぬ大活躍を見せる。
 という展開の中で、いろいろと見どころは多いのだが、スピルバーグが自分で監督した『インディ・ジョーンズ』シリーズのようなスピード感に乏しい。

 グーニーズにはマイキーの兄ブランド(ジョシュ・ブローリン)とその彼女アンディ(ケリー・グリーン)、アンディの女友だちステフ(マーサ・プリンプトン)が同伴していて、ブランドの保護者然とした態度、女の子たちがキャーキャー騒ぐ場面がストーリーを停滞させている。
 いっそのこと、彼らのパートをばっさりカットしたほうがよかったのではないか。

 オススメ度C。

(1985年 アメリカ=ワーナー・ブラザース 111分)

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2018リスト
※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

65『ワンダーウーマン』(2017年/米)B
64『ハクソー・リッジ』(2016年/米)A
63『リリーのすべて』(2016年/米)A
62『永い言い訳』(2016年/アスミック・エース)A
61『強盗放火殺人囚』(1975年/東映)C
60『暴動島根刑務所』(1975年/東映)B
59『脱獄広島殺人囚』(1974年/東映)A
58『893愚連隊』(1966年/東映)B
57『妖術武芸帳』(1969年/TBS、東映)B
56『猿の惑星』(1968年/米)A
55『アンドロメダ・ストレイン』(2008年/米)C
54『ヘイル、シーザー!』(2016年/米)B
53『パトリオット・デイ』(2016年/米)A
52『北陸代理戦争』(1977年/東映)A
51『博奕打ち外伝』(1972年/東映)B
50『玄海遊侠伝 破れかぶれ』(1970年/大映)B
49『暴力金脈』(1975年/東映)B
48『資金源強奪』(1975年/東映)B
47『ドライヴ』(2011年/米)C
46『バーニング・オーシャン』(2016年/米)A
45『追憶の森』(2015年/米)B
44『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(2017年/ワーナー・ブラザース)B
43『パットン大戦車軍団』(1970年/米)B
42『レッズ』(1981年/米)B
41『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』(2016年/米)B
40『エクス・マキナ』(2015年/米)B
39『オール・アバウト・マイ・マザー』(1999年/西)B
38『ムーンライト』(2016年/米)B
37『アメリカン・バーニング』(2017年/米)B
36『セル』(2017年/米)C
35『トンネル 闇に鎖された男』(2017年/韓)B
34『弁護人』(2013年/韓国)A
33『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年/クロックワークス)A
32『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(2017年/東宝)B
31『南極料理人』(2009年/東京テアトル)B
30『沈黙 -サイレンス-』(2016年/米)B
29『メッセージ』(2016年/米)B
28『LOGAN/ローガン』(2017年/米)C
27『チャック~“ロッキー”になった男~』(2017年/アメリカ)B
26『ヒッチコック/トリュフォー』(2015年/米、仏)B
25『沖縄やくざ戦争』(1976年/東映)B
24『恐喝こそわが人生』(1968年/松竹)B
23『われに撃つ用意あり』(1990年/松竹)C
22『T2 トレインスポッティング』(2017年/英)A
21『ロスト・エモーション』(2016年/米)C
20『激流』(1994年/米)C
19『チザム』(1970年/米)B
18『駅馬車』(1939年/米)A
17『明日に処刑を…』(1972年/米)A
16『グラン・ブルー[オリジナル・バージョン]』(1988年/仏、伊)B
15『エルストリー1976- 新たなる希望が生まれた街 -』(2015年/英)D
14『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』(2015年/西)B
13『サム・ペキンパー 情熱と美学』(2005年/独)B
12『ビリー・ザ・キッド 21才の生涯』(1973年/米)B
11『わらの犬』(1971年/米)A
10『O嬢の物語』(1975年/仏、加、独)C
9『ネオン・デーモン』(2016年/仏、丁、米)D
8『団地』(2016年/キノフィルムズ)B
7『スティーブ・ジョブズ』(2015年/米)B
6『スノーデン』(2016年/米)A
5『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年/米)B
4『ドクター・ストレンジ』(2016年/米)B
3『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』(1967年/台、香)B
2『新宿インシデント』(2009年/香、日)B
1『日の名残り』(1993年/英、米)A

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top