上野隆 プロフィール

 1952年1月17日生まれ。長崎県で3人兄弟の長男として誕生し、鹿児島県で育つ。長崎大学を卒業後、77年に朝日新聞社に入社。高知支局、岡山支局を経て大阪本社運動部に勤務。その後、東京本社で西武ライオンズ、読売ジャイアンツなどを担当し、名古屋支局でデスクを勤める。97年、ふたたび大阪本社に復帰した。03年12月12日、永眠。

記者のひとりごと

 当コンテンツは、上野さんが心斎橋法律事務所(所長 本渡諒一弁護士)の事務所報「道偕」に月に1回連載されていたコラム「記者のひとりごと」を、滋子夫人の許諾を得て転載させていただくことになったものです。上野さんの他界の後、このコラムは小冊子にまとめられ、故人をよく知る方々の間で読み継がれてきました。上野さんの薫陶を受けた人間のひとりとして、この原稿がより多くの人々の目に触れることを願ってやみません。

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top