【きょう31日発売!】東京スポーツ『赤ペン!!』341

DeNAのドラフト2位ルーキー・牧秀悟がまたまたブレーク中だ。
25日に新人として球史初のサイクル安打を達成し、27日に球団史上12度目となった3連続本塁打の3発目を放って、3連発に新人がからんだのは球団初のこと。

さらに、28日には21二塁打をマークし、中大の先輩でもある桑田武が持つ球団記録を62年ぶりに更新した。
この“記録男”ぶりには、三浦監督も「もう何をやっても驚かないというか、どんどん歴史を塗り替えていってほしいですね」と手放しで絶賛。

これを受けて牧本人も、「新人の時しかできない記録ですから、どんどん塗り替えていきたい」と意気軒高。
いまや、DeNAファンにとって、一番の期待と興味は牧のバットに集中している、と言っても言い過ぎではない。

さて、そんな牧、チーム内では秘かに「おっさん」、「おっさん牧」と呼ばれているそうだ。
何ともルーキーらしからぬニックネームの由来を球団関係者に取材してみたら…この続きはきょうの東スポWebにアップされています。

東スポ、大スポ、中京スポ、明日朝の九スポ(掲載日は変更あり)でも御一読ください!

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top