ゆうべは雲見で反省会

雲見の定宿〈彩雲 俺の家〉

きのうは午後から雨が降り始めたため、大急ぎで〈山伏トレイル〉のファンライド3本目を終了。
結構な振りになった中、10年来通っている雲見の温泉宿〈彩雲 俺の家〉へ向かいました。

まずはしっかりストレッチをやったあと、天然温泉にドブン!
その後、金目をつつきながら相棒、というより師匠のタムニィと反省会であります。

メバル、サザエ、エビ、金目…etc.
メインはやっぱり金目の煮付け

じっくり反省したら、夜9時前から眠くなって仕方がない。
早々に沈没して、今朝は5時半に起床し、雲見海岸を散歩してきました。

午前6時過ぎ、富士山の裾野が見える

天気が良ければ、富士山の全景が見えたんだけどね。
これから東京へ帰ります!

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top