『メタモルフォーゼ 変身』(WOWOW)😏

변신/Metamorphosis 113分 2019年 韓国
日本劇場未公開 WOWOW初放送:2020年5月28日 

WOWOWが日本劇場未公開、テレビ初放送の作品をピックアップしている企画〈ジャパンプレミア〉でオンエアされたコリアン・ホラー。
このジャンルの古典『エクソシスト』(1973年)のエピゴーネン的一篇で、信仰心の厚い若き神父が、兄の家族に取り憑いた悪魔と血みどろの凄絶な戦いを繰り広げる。

開巻早々、主人公ジュンス神父(ペ・ソンウ)が少女の悪魔祓いに失敗。
少女をマンションの窓から転落死させてしまい、ジュンスを嘲笑う悪魔とのリターンマッチがクライマックスになることが示唆される。

という出だしからして、『エクソシスト』の続編『エクソシスト2』(1977年)のオープニングにそっくり。
ジュンス神父のキャラクターも、悪魔祓いに失敗するラモント神父(リチャード・バートン)に実によく似ている。

この一件でトラウマを抱えたジュンスを励ます司教も登場し、これはもちろん『エクソシスト』シリーズ2本の両方に登場したメリン神父(マックス・フォン・シドー)。
ただし、ここから先はなかなかオリジナリティーのある展開となっている。

ジュンス神父の悪魔祓い失敗により、近所で悪評の立った兄(ソン・ドンイル)一家が引っ越しを余儀なくされ、やっとの思いで購入した戸建てに転居。
ここに冒頭の悪魔がリベンジにやってきて、一家を大混乱に陥れる。

その手口がなかなか凝っており、悪魔は夜になるたび、兄(父)とその妻(母)ミュンジュ(チョン・ヨンナム)、長女ソンウ(キム・へジョン)、次女ヒョンジュ(チョ・イヒョン)、さらに末っ子の長男に「変身」。
父が長女の寝込みを襲ったり、母が末っ子に凄んだり、次女が長女を罵ったり、果ては父が長女と次女を金槌で殺そうとしたり、様々な手を尽くして一家を精神的に追い込んでいく。

そこへ主人公のジュンス神父がやってきて、すべては自分が退治し損ねた悪魔の仕業だと兄一家に説明。
ジュンスは悪魔の取り憑いたソンウを締め上げ、悪魔を自分の体内に移し、大きな十字架で自分を悪魔もろとも殺すよう兄に迫る。

このクライマックスもまた、『エクソシスト』のカラス神父(ジェイソン・ミラー)の最期を容易に想起させる。
ぺ・ソンウは『妻は二度殺される』(2015年)などに出演している脇役専門の俳優だが、本作は初の主演作品だったそうで、大変な熱演。

というわけで、『エクソシスト』を知っている映画ファンなら、一応は退屈せずに観ていられる。
時節柄、韓国映画界はホラーでも頑張ってるなあ、という感慨も覚えました。

しかし、本家『エクソシスト』のように、身の毛もよだつほど怖くなる場面が乏しいのは如何ともし難い。
残念ながら、ホラー映画としてはそれほど高く評価できません。

オススメ度C。

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2020リスト
A=ぜひ!🤗 B=よかったら😉 C=気になったら😏  D=ヒマだ ったら😑
※再見、及び旧サイトからの再録

58『シュラシック・ワールド 炎の王国』(2018年/米)C
57『ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン1』(2013年/米)A
56『FBI:特別捜査班 シーズン1 #8主権を有する者』(2018年/米)C
55『FBI:特別捜査班 シーズン1 #7盗っ人の仁義』(2018年/米)B
54『FBI:特別捜査班 シーズン1 #6消えた子供』(2018年/米)B
53『FBI:特別捜査班 シーズン1 #5アローポイントの殺人』(2018年/米)A
52『アメリカン・プリズナー』(2017年/米)D
51『夜の訪問者』(1970年/伊、仏)D
50『運命は踊る』(2017年/以、独、仏、瑞)B
49『サスペクト−薄氷の狂気−』(2018年/加)C
48『ザ・ボート』(2018年/馬)B
47『アルキメデスの大戦』(2019年/東宝)B
46『Diner ダイナー』(2019年/ワーナー・ブラザース)C
45『ファントム・スレッド』(2017年/米)A
44『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019年/米)B
43『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年/米)A
42『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年/米)A
41『ビリーブ 未来への大逆転』(2018年/米)B
40『ワンダー 君は太陽』(2017年/米)A
39『下妻物語』(2004年/東宝)A
38『コンフィデンスマンJP ロマンス編』(2019年/東宝)C
37『FBI:特別捜査班 シーズン1 #2緑の鳥』(2018年/米)A
36『FBI:特別捜査班 シーズン1 #1ブロンクス爆破事件』(2018年/米)B
35『THE GUILTY ギルティ』(2018年/丁)A
34『ザ・ラウデスト・ボイス−アメリカを分断した男−』(2019年/米)A
33『X-MEN:アポカリプス』(2016年/米)B※
32『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014年/米)C※
31『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011年/米)B※
30『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019年/米)D
29『ヴァンパイア 最期の聖戦』(1999年/米)B
28『クリスタル殺人事件』(1980年/英)B
27『帰ってきたヒトラー』(2015年/独)A※
26『ヒトラー〜最期の12日間〜』(2004年/独、伊、墺)A
25『ヒトラー暗殺、13分の誤算』(2015年/独)A
24『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』(1986年/米)B
23『大脱出2』(2018年/中、米)D
22『大脱出』(2013年/米)B
21『記者たち 衝撃と畏怖の真実』(2018年/米)B
20『ハンターキラー 潜航せよ』(2018年/米)C
19『グリーンブック』(2018年/米)A
18『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』(2017年/英、米)B
17『天才作家の妻 40年目の真実』(2018年/瑞、英、米)B
16『デッドラインU.S.A』(1954年/米)B
15『海にかかる霧』(2014年/韓)A※
14『スノーピアサー』(2013年/韓、米、仏)A※

13『前科者』(1939年/米)
12『化石の森』(1936年/米)B
11『炎の人ゴッホ』(1956年/米)B※
10『チャンピオン』(1951年/米)B※

9『白熱』(1949年/米)A
8『犯罪王リコ』(1930年/米)B
7『ユリシーズ 』(1954年/伊)C
6『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(2017年/泰)B
5『七つの会議』(2019年/東宝)A
4『キャプテン・マーベル』(2019年/米)B
3『奥さまは魔女』(2005年/米)C
2『フロントランナー』(2018年/米)B
1『運び屋』(2018年/米)A

スポーツライター。 1986年、日刊現代に入社。88年から運動部記者を務める。2002年に単行本デビュー作『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』(講談社)を上梓。06年に独立。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top