WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』154

ゆうべはメットライフドームで交流戦開幕戦の西武−広島戦を取材してきました。
カープは延長十二回の末、残念ながらサヨナラ負けしてしまったけれど、一時は4点のビハインドから追いつき、再三逆転のチャンスをつくる粘り強さを発揮。

勝った西武・辻監督をして、「広島は王者ですから。強い広島に勝つのは本当に大変なこと」と言わしめた。
辻さんが現役選手だったころ、日本シリーズでカープがコテンパンにされたことを覚えている私としては、まさに隔世の感があります。

そんなカープで、いまや球界を代表する主砲に成長したのが4番・鈴木誠也。
今年は打率、本塁打、打点でリーグの上位を走り、三冠王も視野に入っている。

鈴木がここまでになった裏側には、4番の先輩・新井貴浩の貴重なアドバイスがあった。
もっと言えば、その新井もまた、兄貴分・金本知憲、かつての監督・山本浩二の薫陶を受けて一時代を築いている。

そうした4番の先輩たちから、いまの鈴木は何を受け継いだのか。
興味のある方は、コチラからアクセスして御一読ください。

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top