【本日発売!】週刊現代『書いたのは私です/達川光男さんが初の著書について熱く語る』

(講談社 2019年4月20日号 定価480円)

104〜105ページの書評欄、著者インタビュー企画『書いたのは私です』に達川光男さんが登場!
3月25日に出版された初の著書『広島力』(講談社)を執筆した動機、本書の読みどころについて熱く語っています。

で、手前味噌になりますが、例によってこの記事を「書いたのは私です」。
これから読む方、読もうかどうしようか迷っている方には興味津々、すでに読んでいる方にもクスリと笑える〝たっちゃん節〟が満載。

きのう、私の父親が寄越したメールによると、昨日付の中国新聞に『広島力』が広島地区のベストセラーランキングで2位になった、と報じられていたそうです。
この調子でもっともっとたくさんの方に読んでいただきたい。

広島はもちろん、広島以外の地域にお住いの方にも。
よろしくお願いします!

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top