『ラ・ラ・ランド』(WOWOW)

(La La Land/2016年 アメリカ=サミット・エンターテインメント 日本公開2017年 ギャガ、ポニー・キャニオン 128分)

今年1月劇場公開された『ファースト・マン』で高い評価を受けた監督デミアン・チャゼス、主演ライアン・ゴズリングが2016年に初めてタッグを組んだミュージカル映画。
ゴズリングの恋人を演じたエマ・ストーンがアカデミー主演女優賞を受賞し、作品賞も獲得したと授賞式で間違えて発表されたことでも話題になった。

開巻、ロサンゼルスのフリーウェイで渋滞に巻き込まれたドライバーの男女が次々に路上に飛び出し、主題曲「アナザー・デイ・オブ・サン」を歌いながらダンスを繰り広げるダイナミックなオープニングが素晴らしい。
本作のヒロイン、女優志願のウェイトレス、ミア・ドーラン(ストーン)もこの渋滞の中でミュージシャン志望のピアニスト、セバスチャン(セブ)・ワイルダー(ゴズリング)と知り合う。

年代はいつと限定されているわけではないようで、ミアが携帯電話を使う場面がある一方、セブが車で聴いているカーラジオやミュージックテープはどう見ても1970年代の小道具である。
衣裳やセットも当時ならではのノスタルジックな雰囲気がたっぷり。

本筋に入ってからも『グレイテスト・ショーマン』(2017年)のように大がかりなダンスシーンが連続するのかと期待させつつも、この予想はいいほうに裏切られる。
ミアとセブが愛し合うようになる過程に合わせ、しっとりと歌曲を聴かせる場面が実にいい。

素のセリフも多く、セブがジャズへの情熱を滔々とミアに語って聴かせる場面、その情熱よりも金銭的成功を取ったセブをミアが非難する場面が胸に迫る。
このあたりは、『ファースト・マン』のアームストロング夫婦の口論を彷彿とさせ、一瞬ミュージカル映画であることを忘れさせるほど。

そして、最大の白眉は、ストーリーに大胆な省略を施し、「ミアとセバスチャンのテーマ」が流れるクライマックス。
このくだりの序破急ともいうべきテンポと展開、そこからビターな味わいのエンディングに着地させる演出と編集の見事さは、まさに名曲のメロディーラインそのものである。

『グレイテスト・ショーマン』がそうだったように、優れたミュージカル映画は人間ドラマの秀作と相通ずるものがある。
オススメ度A。

ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2019リスト
※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

24『オーシャンズ13』(2007年/米)B
23『オーシャンズ12』(2004年/米)C
22『オーシャンズ11』(2001年/米)B
21『オーシャンと十一人の仲間』(1960年/米)B
20『マッキントッシュの男』(1973年/米)A
19『オーメン』(1976年/英、米)B
18『スプリット』(2017年/米)B
17『アンブレイカブル 』(2000年/米)C
16『アフター・アース』(2013年/米)C
15『ハプニング』(2008年/米)B
14『麒麟の翼〜劇場版・新参者』(2912年/東宝)C
13『暁の用心棒』(1967年/伊)C
12 『ホテル』(1977年/伊、西独)C
11『ブラックブック』(2006年/蘭)A
10『スペース・ロック』(2018年/塞爾維亜、米)C
9『ブラックパンサー』(2018年/米)A
8『ジャスティス・リーグ』(2017年/米)C
7『ザ・リング2[完全版]』(2005年/米)C
6『祈りの幕が下りる時』(2018年/東宝)A
5『ちはやふる 結び』(2018年/東宝)B
4『真田幸村の謀略』(1979年/東映)C
3『柳生一族の陰謀』(1978年/東映)A
2『集団奉行所破り』(1964年/東映)B
1『大殺陣』(1964年/東映京都)C

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top