甲子園は寒い 野球も寒い

あっさりした関西風の出汁が美味しい甲子園のきつねうどん500円

きのうのBlogに書いた通り、きょう一番の目当ては第2試合の横浜-明豊戦。
きのうの星稜・奥川恭伸くんと並ぶ今大会屈指の好投手・及川雅貴くんが投げるとあって、記者席もスタンドも大変賑わっていました。

観衆は主催者発表できのうの星稜-履正社戦と同じ41000人。
両校の戦力差から見て、横浜の圧勝を予想した人が多かったはず。

実際、毎日新聞運動面の「きょうの見どころ」にも、「横浜が序盤にリードすれば、ワンサイドの展開もある」と書いてあったほど。
しかし、ひょっとしたら、これが明豊や大分県民の怒りと負けん気をかき立てたのかもしれません。

序盤こそ確かに毎日の予想通り、横浜が二回までに4点を先制して主導権を握ったかのように見えた。
が、期待された及川が三回、先頭から2人続けて四球を出すと、ここから明豊打線にヒットを連ねられ、バックの守備の乱れも絡み、あっという間に5失点で大逆転。

横浜・平田徹監督はたまりかねたのか、この回あと1人を残して投手を2番手にスイッチ。
それでも、いったん明豊に傾いた悪い流れは取り戻せず、五回と八回にも追加点を献上し、終わってみれば5-13で横浜の惨敗だ。

ネット裏の記者席でこういう試合のスコアを1球ずつシコシコとつけていると、いつもより一層寒さが身に染みる。
この場所は浜風の通り道になっているため、風に吹きつけられながらじっとしていると、ただでさえ指がかじかみ、唇が震え、オシッコが溜まってしまう(失礼!)。

試合後、及川本人、監督、明豊サイド、それにネット裏のスカウトに聞いた話はそのうち機会があれば仕事で書きます。
及川くんは夏に向け、捲土重来を期してがんばってほしい。

さて、明日は茨城の石岡一に期待したい。
あ、そんなこと書くと、またろくなことにならないかな。

スポーツライター。 最新刊は構成を担当した達川光男氏の著書『広島力』(講談社)。毎週金曜朝8時、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』出演中。『失われた甲子園』(講談社)新潮ドキュメント賞ノミネート。東スポ毎週火曜『赤ペン!!』、WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』連載中。 東京運動記者クラブ会員。日本文藝家協会会員。
Scroll to top